築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

男が美に執着するときって

東京ビッグサイトで、5月8日から10日まで開催しているbeautyworld JAPAN 2006に行ってきました。

bshow2s.jpg

富裕層向けの商材・サービスで面白いモノがないか?情報収集の目的と知り合いの会社が出展しているということもあり、最終日の午前中に行ってきましたが、来場者に若い女性が多いせいか、人数の割にかなりの熱気に包まれていました。
来場者の多さという点では、後にも先にも12月に行ったコミケの印象が強すぎて、多少混んでいようが、混雑していると感じないわけですから、慣れというか経験って、恐いですよね~

bshow1s.jpg

化粧品から岩盤浴のベッドまで、多彩な出展物で見ていて飽きないし、エステの実演コーナーでデモしている日本初上陸の最新施術のベッドの前には、いかにもエステシャンという女性が群がり、かなりの盛況ぶりで楽しかったです。

今年は、男性の美容を前面に打ち出した展示物がもっとたくさん出ているかと期待していったのですが、私が見た限りでは、ほとんど見当たらず、美容業界的にはまだまだニッチなマーケットだということが、わかりました。

外見に気を遣う男性が着実に増え、それなりのニーズが顕在化しているとは言え、まだまだ一緒に行動する女性のオマケ的な扱いなのでしょうね~

男性用エステやスパが大ブレークするためには、地道な市場開拓と顧客育成とともに、なんらかのしかけが必要そうです。
そうしないといつまでたっても、市場の急成長はなさそうですから。

ただし、大きな課題というかテーマがあるような気がします。
一言でいってしまうと、男と女の意識の差ということになってしまうのでしょうが・・・

それは、ターゲットとなる「美意識が高く消費意欲が強い男性達」があこがれる対象がいないことです。
女性の場合、「エビチャンみたいになりたい!」とか「カリスマモデルの○○にちかづきたい~」というわかりやすいニーズが顕在化しているのですが、男性は基本的に「女にモテたい」という曖昧なニーズですから、直接的な消費行動に結びつきにくいし、モノが動きづらいという事実があります。

男が消費するときは、品質に対する評価やつくり手のこだわりやストーリーへの共感など、非常に理屈っぽい何かが必要で、「カワイイ~」みたいな感覚だけでモノを買う人はかなり少数派です。

この大きな壁を越える何かを見つけることができれば、男性向け美容市場は急拡大すると思いますので、人間心理のツボをついたマーケティングを考えてみたいと思います。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2006/05/10(水) 16:21:57|
  2. セミナー・展示会の素直な感想です|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

男と女の購買行動の違い

九州生産性大学経営講座の「マーケティング戦略コース」の2日目の私のコマは14:30で終了し、その後、特別講義として㈱ハーストーリーの日野社長からクチコミによるマーケティング戦略のお話がありました。

seisannsei.jpg
(こんな雰囲気でした)
2時間という限られた時間での講演でしたが、十数年前の起業当時のお話から始まり、最後は男性と女性の購買行動の違いに大きな影響を与えている脳にまつわるお話まで、コンパクト且つ具体的な内容で、私にとっても大変勉強になりました。
昨年は私の都合で、お話をお聞きすることができなかったので、今回講演をお聞きできるのを楽しみにしていましたが、期待を超える気づきや感嘆があり、日野社長が楽しみながらお仕事をされている様子が伝わってきて、聞いている私も刺激を受け、良い気をいただきました。
ありがとうございました!

お話の中に登場した青山にある感動レストラン、今度行ってみたいと思いました。

私の会社、ネットマイニングも富裕層マーケティングやLOHASマーケティングに取り組んでいる過程で、クチコミの影響力をとても重視しているので、近いうちにご一緒にお仕事できる機会があるといいなあ~と感じました。

2日間の講演終了後、福岡空港に行く前に生産性本部の安倍さんに紹介していただいた天神にある『利楽園』というマッサージ屋さんに寄ってから、東京に戻りました。

ビルの地下にあるこの『利楽園』、和風の佇まいで且つ半個室になっていて、身も心もリラックスできる快適なマッサージ屋さんでした。
近々に株式公開するらしく「やはり上場できる企業は、他のマッサージ屋さんとは、一味違うな!」
と納得しつつ、福岡空港に向かいました。

人気blogランキングへ
  1. 2005/10/20(木) 00:11:18|
  2. セミナー・展示会の素直な感想です|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

あったら嫌ね、こんなマーケティング!

今日の午前中は、ビックサイトに『データウエアハウス&CRM EXPO』の最終日を見学に行きました。

ビジネスの現場では、ようやくCRMの考え方が根づき、地に足が着いたCRMを実践している企業がたくさんあります。
コンサルティングを生業にしていると本当にそういう実感があります。
ちゃんとした企業は、今でもCRMに真面目に取組んでいますし、われわれもプロジェクトのお手伝いをしたり、コンペに参加したりしていますから・・・

一方、2000年あたりをピークにITベンダー主導で盛り上がったCRMソリューションは、潮がひいたように展示会でも存在感がなくなってしまいました。

CRMs.jpg

この写真は多分、初日のイチバン人手が多いときのモノで、1日(最終日)の午前中は、この写真の1/3くらいかな。

CRMのソリューションには、あまり目新しいモノがなかった反面、情報漏洩、セキュリティ関連の商品は、専門家ではない私の目には、一種の感動を覚えるくらいの目新しさがありました。
虹彩認証って言うんですか? 眼球内の虹彩の模様がひとりひとり異なることを利用したセキュリティシステムなんて、ハードウエアだけなら数十万円で購入できる時代になったんですね。

それ以外にも、顔で認識する装置とかあったりして、映画の『マイノリティ・リポート』みたいに街中を歩いていると、瞬時に誰が歩いているかコンピュータに認識されて、ひとりひとりにカスタマイズされた広告が街中のいたるところに表示される時代が、あと10年もしないうちに本当に来るかもしれませんね。(そういえば、『マイノリティ・リポート』といえば、S・スピルバーグとトム・クルーズの『宇宙戦争』コンビでしたね)

あ~、やだやだ。そんな時代・・・
マーケティングに携わっていると、度が過ぎたアプローチに接するといい加減、嫌になることってあります。

私が特にうっとおしいと思うのが、駅の自動改札機の切符の投入口近くに張られている広告、それとエスカレーターの手すりに貼られている広告。ウザ過ぎて、『絶対この商品だけは買ってやらないもんね~』と負のすり込みがバッチリされてしまいます!

そんなことを考えながら、ゆりかもめに乗って新橋に着いたときに、そういえば、新橋駅で駅の階段の一段一段に、ベイエリアのマンションの広告が貼ってあったことを思い出し、『品のないマーケティングは、いかんなあ~』としみじみ思いながら、築地へと向かったのでした・・・

人気blogランキングへ

  1. 2005/07/01(金) 22:39:13|
  2. セミナー・展示会の素直な感想です|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トレンド・マイニング研究会

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。