築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

採用氷河期の影響

日経広告手帖というマニアックなというか世間一般の人はあまり目にする機会のない月刊誌があって、届くのを結構楽しみにしています。

1月号の特集は「広報・宣伝部長アンケート」です。

大手企業の広告・宣伝部長に対して実施したアンケート回答結果が掲載されているのですが、その中の質問の1つが
『広告活動上、重視していること』
「コーポレートブランドを高める」が58.5%で第1位。
2007年度は53.0%ですから、
そして、2位が「企業イメージの向上」で45.5%

以外なことに「売上に結びつける」は35.4%で昨年の42.4%から激減です。
この背景には、景気が良くなり売上を上げることが広告に対する至上命令ではなくなり、いかに企業イメージとブランド力を向上させて、良い人材を採用するということにシフトしたのかもしれません。

つい、3年ほど前までは就職氷河期と言われていたのに、一転して採用氷河期ですからね~

そういえば、今年はイメージ広告が新聞のみならず、テレビCMでも多かったことですよね。

「続きはWEBで」の見飽きた手法に変わって、「続きは入社してから」ってことになりませんかねえ~

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!

スポンサーサイト
  1. 2007/12/28(金) 21:16:46|
  2. ブランディング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

顧客満足度調査の良し悪し

日経ビジネスの6月11日号の特集に、「無限保障の覚悟」というタイトルで、宅配業者からパソコン、家電製品、自動車、航空会社など様々な業種について、アフターサービスに対する消費者の満足度ランキングが掲載されています。

私も、仕事柄、CS(顧客満足度調査)やES(従業員満足度調査)などを手がけることがよくありますが、クライアント企業にレポートすることが目的なので、基本的には一般の人が目にすることはありません。

日経ビジネスのような影響力の強いメディアに自社の評価が掲載されることは、企業にとっては良い面と悪い面の両方があって、なかなか難しいところです。

消費者からの評価が高ければ、社内の士気もあがり、お客様も喜ばれるし、その時点では悪いことは特にありません。
ところが、お客様からの評価が高いという状況にあること会社側の人間が満足すると、謙虚な気持ちが薄らぎ、ややもすると傲慢になってしまうのが、人間の弱いところです。
「お客様からの満足が得られているのだから、自分達のやり方は間違っていない」

「多少、競合商品よりも価格が高くても、お客さんは満足して、うちの商品を買っているのだから、値下げしなくても大丈夫」

「今のやりかたで、お客さんは十分満足しているのだから、これ以上コストをかけなくても十分だ」

という気の緩みが出て、あっという間に売り上げもシェアも顧客満足度も急降下した企業を知っています。

顧客満足の追求は決して間違ったいないのですが、それが目的化してしまうと、お客さんの気持ちが離れてしまう
という罠にはまらないようにしないとね!
「経験者は語る」です・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/06/10(日) 22:54:42|
  2. ブランディング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

俺もお前もi-phoneユーザ

数日前のニュースリリースで、アップルがi-phoneを発売するという内容が大々的に配信されました。
規格が異なるために日本では、そのまま利用できないということですが、ソフトバンク用の端末としていずれ発売されることになるでしょう。

たかがケータイ、されどケータイ。
ケータイでの音楽配信がかなり普及し、携帯型音楽プレイヤーがこれだけ普及している日本で、それほど大きなインパクトはないと思われているせいか、そんな騒がれていませんが、あのアップルが仕掛けることですから並のケータイ電話になるはずがないでしょう。

そして、モットも強力なのはアップルユーザのブランドロイヤルティでしょう。
アップルの世界観やブランドイメージに共感するユーザはコアな一部の人たちだけではなく、かなりのボリュームが存在し、アップルの巧みなマーケティング戦略と相まって、ますます増大の傾向にあります。

ハーレーダビッドソンのユーザがハーレーのオーナー同士ということだけで、すぐに仲良くなれるのは、「同じ価値感をもちあわせている仲間ということが何もいわなくてもわかる」ということに起因しています。

マックユーザも同じような感覚をもちあわせていて、アップルの世界観を理解しあえる仲間という意識が世界中につながっている強み。
これが最大のアップルの資産でしょうね。

10年ほど前までは、マックを使用中にOSがフリーズしたり爆弾マークが表示されても、「これがマックのかわいらしさだ!」というような発言を多くのマックユーザがしていたわけで、そんなユーザを抱えているアップルコンピュータはコンピュータメーカーという殻を打ち破り、ライフスタイル提案企業に脱皮しました。

スティーブジョブスには脱帽です!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/13(土) 23:19:15|
  2. ブランディング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大都市に負けない小都市のブランド力

日経リサーチの「地域ブランド力調査」は、本当に興味深いデータがたくさん出ています。

地域ブランドPQ上位10地域のラインナップも意外な都市が出ています。
1位:京都市、2位:横浜市、3位:神戸市・・・と、ここまでは誰もが納得。異論ない結果になっています。

ところが、7位:宇治市、10位:富良野市あたりは、ちょっと予想外の都市って感じがしませんか?
得に富良野市は人口が25,231人と他の都市と比較して極端に少なく人口も減少傾向にあるのに、ブランド力を維持しているという珍しい都市です。
富良野というコトバから、ラベンダー畑が広がり、テレビドラマに出てくるような豊かな大地と新鮮な空気に恵まれたLOHASな場所というイメージを抱くからですかね?
実際、第一次産業就業者の割合が23.9%と他都市とは比較にはならないほど圧倒的な多さを示しています。

さだまさしのハミングが聞こえてきそうな街、それが富良野! かな?

【詳しいデータは日経リサーチのサイトに出ていますので、どうぞ!】
http://www.nikkei-r.co.jp/area_brand/index.html

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/09/27(水) 23:16:47|
  2. ブランディング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『浦安市』は新富裕層の宝庫・・・その2

浦安市の人口が急増している中で若い人の割合が高いにも係わらず、所得が高いのは、「新浦安」という地区をひかえているからに違いない。
・・・というようなことを昨日書きました。

そして、『新富裕層の一角を占める次世代のビジネスリーダー予備軍達』が住む街、新浦安とも書きました。

新浦安は埋立地であるが故に綺麗に区画整備された街並みが続き、且つまだまだ開発の余地を残していますが、前述の新富裕層の一角を占める彼等・彼女達をターゲットにしたマンションが大量に供給され、圧倒的な人気で完売続出です。

駅から徒歩20分以上かかる場所でも、大きな道路幅で数車線あるため、バスでの通勤・通学も時間が読める。また、小金持ちの人たち中心なのでほとんどの世帯にマイカーがあるので、バスがなくても自動車で駅まで送り迎えしてもっても、都心のように開かずの踏み切りもないので、これまた時間が読める。

駅前には大きな商業施設が立ち並び、通勤後の買い物は便利。DIY等の大規模専門店も郊外にあるので、ちょっとした買い物ならも遠くまで行かなくても済ませることができる。
家族と一緒に出かけ、本格的に買い物するときなら、ちょっと足をのばせば船橋がある。

勿論、京葉線で都心に向かうのは満員電車での混雑を覚悟する必要があるけど、20分程度の我慢で都心に到着。

しかも、海が近くちょっとしたリゾート気分を日常生活にとりいれることができる。

そんな日常生活をエンジョイしている奥様はマリナーゼと呼ばれている。

と、便利この上ない新浦安ライフを送りたいアッパーミドルのビジネスパーソン達が満足できるライフスタイルを提供するために、平均価格が5500万円、広さが120㎡というファミリータイプのマンションはあっという間に完売です。

このように、ヒルズ族のような超金持ちではないけれど、「手を伸ばせば届く贅沢」「こだわり消費」の担い手が、新浦安にはたくさん住んでいるのです!

続きは、また明日・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/09/26(火) 09:23:29|
  2. ブランディング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

トレンド・マイニング研究会

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。