築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ようやく出た『オロチ』

2001年の東京モーターショーで衝撃的に発表され、スポーツカーファンの期待を集めた光岡自動車の『オロチ』の販売が5年の歳月を経て、ようやく発表されました。
本日の日経新聞朝刊にも、その記事が出ていますが。

昨年のモーターショーでも『オロチ』のヌードトップロードスターが発表されていましたよね。ガルウィング式のドアを跳ね上げたその姿は、まさに大蛇のようで、みんなが持っているモノを持ちたくないと思うスポーツカー・マニアの心をとらえるフォルムでした。

新聞記事によると、今回販売されるオロチは400台の限定生産で400台目がオーナーに届くのは4年後とのこと。
価格は1050万円という、カスタムメイドのスポーツカーとしては破格の安さです。この価格なら、富裕層でなくても、自動車好きの人なら充分手が届く価格帯なの、400台なんてあっという間に予約で埋まってしまうのかもしれませんね。

レクサスも旗艦車のLSが投入され国内で、どれだけレクサスブランドの神通力があるのかが試されるときがきました。
私が思うに、いっそのこと、レクサスは普通の高級車ではなく、相当頑張らないと手に入らないブランドとして位置付けた方が日本の消費者には受け入れられると思うのですが・・・・

『いつかはレクサス』と感じさせるための価格帯は現在の日本では、1000万円代ではなく、3000万円代だと思います。

メルセデスも足元に及ばないほどの高級車。そんなブランディングができないと日本の富裕層にはささらないのでは?

《光岡自動車のサイトはこちら》
http://www.mitsuoka-motor.com/

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
スポンサーサイト
  1. 2006/10/03(火) 10:22:52|
  2. マーケティングのツボ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

真っ当なお店

今日は、銀座のとある和食ダイニングに行ってきました。
悪いことじゃないので、お店の名前を出しても全然問題ないと思うので書きますが・・・

銀座七丁目の交詢社通りに面したビルの地下にある『IRODORI』というお店です。
タイトルに何故、「真っ当なお店」としたかというと、下の写真にあるように私が好きな焼酎の名前がメニューにズラッっと記載されています。

iimise_s.jpg

ところが、最近はメニューに書いているから飲みたくて注文すると、「あいにく現在品切れで・・・」と平気で言う店が多くて、それじゃあ、不動産屋の釣り物件と同じです。
このお店は、それがなく、佐藤も村尾も伊佐美も注文できたところです。
当たり前のことが全くできていないお店が意外に多く、あきれてしまいます。

だからころ、今年以降のテーマは”真っ当”になると考えているのです。真っ当な考え方、真っ当な生き方、真っ当なビジネスが再度、注目される時代になると思います。
決して保守的、権威主義的な考え方を私は肯定してはないけれども、自分さえよければよいというような企業経営者は時代の流れに完全にとりのこされるでしょうね。

やはり商売の基本は「三方よし」ですからね・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/06/23(金) 23:08:16|
  2. マーケティングのツボ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

つながっているよね

社長業をやっていると、毎日いろんな人に会い、刺激を受けることが多いのですが、日々感じることがあります。
それは、人と人が「つながっている」ということです。

当たり前のように聞こえるかもしれないのですが、「私の知り合いで、誰々さんって人がいるんだけど・・・」という話しになったとき、驚くほど「あ、知ってる」とか「昔からの友人だよ」とか「いや、実はつい最近会った」という会話になることが、なんと多いことか・・・
業界が違っても、年代が違っても、そういうことが多く、だいたい自分から数えて2人くらい(つまり知り合いの知り合い)遡ると、どこかでつながっているんですね。
これって、「精力的に活動し、且つ影響力がある人というのは、実は限られていて、その人達同士がつながっているのだ」というコトを言っている知人がいて、「う~ん、確かにそうかもしれないなあ~」と私も納得してしまうのです。

昨日の夜は、ダイヤモンド・ビジネス企画の小松社長と飲みながら、楽しい話しを沢山して、あっという間に時間がたってしまいました。
次世代のビジネスリーダーに対する情報発信をいろんな角度から一緒にできそうで、ワクワクします!
小松さんも毎日、社長ブログを書かれているので、早速リンクさせていただきました。
出版社の社長らしく、取材された著名な人達との出会いや感銘を受けたコトバなど、書かれていますので、お薦めです!

人気blogランキングへ
  1. 2006/05/12(金) 16:39:49|
  2. マーケティングのツボ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

品格のマーケティング

”国家の品格”がベストセラーになり、品格というコトバがあらためて注目されていますが、マーケティングの世界でも、そろそろ品格がくるだろうと言われています。

数年前から、”和への回帰”については言われ続けており、実際に食文化、生活スタイルなど和のテイストを重視したり古くから継承され続けてきたモノがLOHASの一般化に伴い、着実に進行しました。

そういえば、週末に退院された小池環境大臣も、退院インタビュー?で”これからはLOHASな生活を送りたい”というコメントがニュースでも流れていましたね。
レジ袋の消費量を減らすことが、今年以降の大きなテーマのひとつになっているようですが、「過剰包装を慎もう!」というキャンペーンの一環として、風呂敷の利用を推進する運動を小池大臣自ら、デパートをまわって進められているようです。
口だけの政治家が多い中、実際に行動されるところは立派ですね~

このブログにも何度か書きましたが、茶道、華道、書道などの”道”や”作法”をあらためて見直し、身につけたいという動きが新興富裕層の間にフツフツと沸いてきていますので、国家の品格ならぬ個人の品格(これって当たり前?)を売りにしたサービスの市場が拡大しそうですよ。
富裕層マーケティングで多くの富裕層達にインタビューをしているので、肌感覚で感じるのです。これって、本当です。

人気blogランキングへ
  1. 2006/04/16(日) 21:10:21|
  2. マーケティングのツボ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オタク市場で勝ち残る企業とは?

昨日(1月10日)の日経朝刊1面のシリーズ『ニッポンの力』は”オタクが鍛える市場”でした。

記事には、イメージ画像として、コミケ(いわずと知れたコミックマーケットの略)の写真が掲載されております。あわせて、1日15万人から20万人の集客があると書かれてます。
昨年の12月30日に生まれてはじめて軽い気持ちでコミケの見学にいったところ、りんかい線の国際展示場駅からビッグサイトへと続く列の多さに唖然とし、しかも入場制限で30分以上、寒空の下待たされた苦い想い出が蘇ってきます。

《12月30日のブログはこちら》
http://netmining.blog12.fc2.com/blog-date-20051230.html

オタクに陽があたるようになり、ずいぶん経つと思いますが、こだわり消費が落とす経済的ポテンシャルが語られたり、工業製品以外に世界に発信する日本的サブカルチャーの担い手として堂々とその存在を誇示できるようになったのは、ここ3~4年のことではないでしょうか?

記事によると、野村総研の試算として、好きな対象に可能な限りお金や時間をつぎこむ筋金入りのオタクから、軽度のオタクまで総オタク人口は、約650万人、市場規模は1兆4000億円といういう数字を記載していますので、それが本当だとしたら多くの企業が、注目するのは当然ですよね。

ところが、オタクの心を動かすためには、オタクの気持ちを企業自身がよく理解する必要があるので、大企業がビジネスとして参入することは、そう簡単にはできません。

商品やサービスにとことんこだわるオタク・マインドをもったコアメンバーと客観的に市場情勢とトレンドを見極め経営を司る人物が存在する小企業が、細分化されたニッチ市場で、圧倒的なシェアを占める構造ができあがっていることがよくわかります。

したがって、このオタク市場に参入できる大手企業といえば、コンテンツ産業か、玩具、ゲームメーカー、広告代理店や出版社のような権利ビジネスが主流になり、家電メーカーや車メーカー、大手アパレルや流通業が、そうたやすく参入できる構造には、なっていません。

では、上記以外の普通の企業が、オタク市場に参入することは不可能なのか?
という問いに対しては、私も確固たる回答を切れ味鋭く説明できるレベルには達していませんので、今年の研究課題として、時間をかけてじっくりと考えていきたいと思います!

人気blogランキングへ
  1. 2006/01/11(水) 12:00:46|
  2. マーケティングのツボ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

トレンド・マイニング研究会

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。