FC2ブログ

築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

物足りなさが残る映画『Fly,Daddy,Fly』

日曜日の夕方も映画を観に品川プリンスシネマに行ってきました。
さすがに日曜の18:30の回の『FRY,DADDY,FLY』だったので、それなりにお客さんは入っていました。
ざっと数えて40名程度って感じです(品川でこれだけ入っていれば、まあまあ多いほうでしょう)
カップルが50%、女性だけのグループ20%、家族づれ10%、男女混成グループ10%、男ひとり10%というような構成比です。
同じ時間帯に上映していた『スターウォーズEPⅢ』と『宇宙戦争』は、さすがに満席と表示されていたので、なぜか私も少しほっとしました。(品川からシネコンがなくなったら、不便ですからね。繁盛してもらわないとね・・・)

映画の方は、直木賞作家の金城一紀がはじめて映画の脚本を手がけたということで話題になっていたし、キャスティングもなかなかいいです。
自分の娘を傷つけられ、その復讐に燃えるサラリーマンを演じる堤真一。ドラマ『恋におちたら』で、やりてのITベンチャー社長がはまり役だったのとはうってかわって、この映画では冴えない中年サラリーマン役です。
娘の敵である高校生ボクシングチャンピオンを倒すため岡田准一演じるもうひとりの主人公朴君に弟子入りし夏休みの間中、喧嘩の特訓を受けます。(40日も会社を休んで)
夏休みがあけ、新学期がはじまっ日にいよいよ対決のときを迎える!
という展開で、設定はおもしろい。

岡田准一と堤真一という役者もいい。特に岡田准一は映画『東京タワー』やドラマ『タイガー&ドラゴン』でも、適度な色気(艶)と陰の部分を漂わせる演技をみせていましたが、今回の役どころも、心に傷をもつ高校生をさらりと演じています。
将来、いい役者になりそうですね、岡田准一は。
脇をかためる役者人も温水洋一、田口浩正、徳井優などかなり渋~い、豪華な配役です。
若手も同様、松尾敏伸、星井七瀬などイケメン、アイドル系と若年寄役がツボにはまっている坂本真をキャスティングするなど、細かいところまで気合をいれてつくっている作り手の熱意を感じます。
坂本真は、先週観た『熱血ナイン』でも『花とアリス』のときの高校の落語研究会の部長役といい、だいたい同じパターンのとっつあんボーヤ的キャラですが、独特の存在感があって貴重な存在です。

脚本はいい、キャスティングはいい、音楽もいい、展開も悪くない。・・・のですが、何かがモノ足りない。そんな感じがする映画です。
もっとバカバカしくてもいい。もっとありえない展開があってもいい。最後にもっと、どんでん返しがあってもいいのかなあ~。
岡田准一ファンと堤真一ファンなら、最初から最後まで出ずっぱりなんで、きっと満足できるのではないでしょうか・・・

興行収入は、3億円と予想しました。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2005/07/10(日) 23:55:54|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

トレンド・マイニング研究会

06 | 2005/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search