FC2ブログ

築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

たいへんことになってます!

今週末のJリーグは、シーズン最終節で、優勝の可能性のあるチームが5つもあるという前代未聞の事態になっています。

勝ち点2差の中に5チームがひしめきあい、しかも5チーム同士の直接対決が1試合もないときたものだから、本当にどのチームが優勝するのか?
まったく予断を許さない状況です。

一方で、名門ヴェルディがJ2陥落という辛酸を舐めさせられたという暗~い話題もありました。
過去の事例から、1度J2に落ちると、2年以内にJ1に帰ってこないと、そのままJ2常連になってしまうというチームがたくさんあるので、ヴェルディには、そういう最悪の状態にはなってほしくないところです。
札幌も湘南も横浜FCも、今やJ2中位あたりの常連となり、昇格争いに顔を出すことすら、なくなってしまいましたからね~

そして、何より嬉しいのが、
京都パープルサンガ J1復帰
です!

一昨年の天皇杯優勝を頂点に、まさかの2回目のJ2落ち。
そして、昨年は昇格争いすることもなく、中位に低迷。
来期は3年ぶりのJ1復帰で、ようやく東京で開催されるゲームが見られます。J2にいると、地方でのゲームばかりなので、スタジアムに応援しにいきたくても、行くことすらできなく2年間ストレスが溜まりまくっていたので、来期は、東京で開催されるゲームは皆勤賞めざして応援に行きます!
朴智星、黒部、松井、帰ってきてくれ~!

Jリーグも一時期顕著になった観客離れという苦い経験を経て、しっかりと地元に根ざしたクラブ形式のスポーツ振興という理念を着実に実践できたことは、バブル崩壊後長期間つづいた低成長期という経済状況を考えれば、奇跡的なことです。
アルビレックスのようにサッカー、パスケット、スキーという異なるスポーツをひとつのチーム名のもとに独立採算で運営するという画期的な例も出始めていることから、Jリーグが日本のスポーツ界に与えた功績は、賞賛に値するものだと思います!

野球の世界もようやく改革の兆しが徐々にみえはじめているものの、既得権益を守るための足の引っ張り合いが、未だみえかくれし、大ナタをふるう勇気をもったプロ野球選手出身のリーダーの出現が待ち遠しいですね~
古田選手兼監督がフロント入りするのは、まだまだ先でしょうしね・・・
その間、プロ野球人気の凋落に拍車がかかりかねいということをどれだけの人が真剣に考えいているのか大きな疑問です。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2005/11/29(火) 10:25:21|
  2. スポーツマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トレンド・マイニング研究会

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search