FC2ブログ

築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

2006年上期ヒット商品番付をみて思った

恒例の日経MJ発表『2006年上期ヒット商品番付』が発表されました。

東の横綱は「脳を鍛えるゲーム」、西の横綱は「ダ・ヴィンチ・コード」でした。以下、大関が「キッズケータイ」「携帯クレジット」、関脇が「サムライブルー」「荒川静香の金芽米」と続いてます。

そのほかにランキングされている商品を見てみると、飲料や食品が8品目ならびます。ただし、傾向として爆発的な大ヒット商品は飲食関連では、なかったようですね。それだけ、セグメント化されたターゲット層に向けた商品・サービスが多かったようにも感じ取れます。

マスを狙った商品としては、資生堂TSUBAKIと船橋にオープンした大規模家具店「IKEA」が印象的です。

東京では、景気回復の気分が徐々に盛り上がっていることもあり、2006年は、あとから振りかえると「第2次ハブル期の幕開けの年だった」ということになっているかもしれません。
富裕層マーケティングを生業にしていると、そんな予感をひしひしと感じます。
それはそれとして、下半期どんな商品がヒットするのか?
私なりに考えてみたのですが、
後世に残る定番商品デビューの年になるのではないか、そんな気がします。
それも、複数の商品、サービスでそうなる気がするんです。
その理由は、ブログで書くのは、もったいないのでセミナーに参加した人には、その場でお話しをしたいと思います。

ちなみに1年前の2005年上期ヒット商品番付は、横綱が「富裕層向けサービス」と「生鮮100円コンビニ」、大関が「愛知万博」「LOHAS」でした。

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
スポンサーサイト



  1. 2006/06/21(水) 14:57:05|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トレンド・マイニング研究会

05 | 2006/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search