築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2007年以降、大ブレークの予感

たまには、皆さんのお役に立つことも書こうと思いまして・・・
7月28日(金)の日経MJ1面に『行商再興』という記事が出ているのをみて思ったのですが、”行商は都市生活者が多く集中する地域で、今後大きく伸びる”可能性があります!

なぜかというと・・・

①タワーマンションの開発があいつぎ、都心に住むヒトが急激に増えつつある
②このような”新”都市生活者の消費マインドは、健康志向が強く、スーパーの店頭に並んでいる商品よりも、採れたてで鮮度が高い商品を好む傾向がある。
③”新”都市生活者の多くは、スーパーやコンビニの画一的、機械的な顧客対応よりも、顔がみえる売り手から安心して商品を買いたいという潜在意識を持っていることが多い

くわえて、2007年問題が本格化するにあたり、比較的経済的なゆとりがある団塊世代がリタイアすることで、早起き人口が増え、朝イチで経済活動を行うチャンスが急増します。

休日に六本木ヒルズの住宅棟の広場で行われていた産直野菜の即売会では、採れたての野菜があっという間に売れました。

これからは、都心のいたるところで朝市が復活するかもしれません。

そういえば、マリナーゼで有名な?新浦安に開発中のとある大規模開発マンションの一角には、行商のクルマを停めるためのスペースを設計段階から、あらかじめ確保しておき、実際に街開きが行われたときには、日替わりで、いろいろな商品を売ることになっているようです。

従来のデベロッパー的発想とは異なり、街が活性化するためであれば、企業規模に関係なく小売業とうまく連携しようという取組みに拍手を送りたいですね。

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
スポンサーサイト
  1. 2006/07/31(月) 09:29:34|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

謎のノベルティつきDEATHNOTE後編

DEATH NOTE(前編)を観て、予想以上に面白かったので、後編の前売り券をその場で買ってしまいました。

そうしたら、ノベルティになぜか、こんなモノが付いてました。

dnote.jpg

トートバッグ・・・

後編のストーリーに大きな関係があるのか?
なかったら、オイオイって感じですが・・・

映画の方は藤原くんも、さることながら、松山ケンイチが素晴らしかった!
サイトもよく出来てます!
《DEATH NOTEの公式サイトはこちら》
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/

早く後編が観たいですね~

ついでに、GOAL2も早く観たいんですが・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/30(日) 21:33:33|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

映画は沈没せず、日本沈没

夏休みにはいって、最初の週末となる土曜日に川崎の東宝シネマズに『日本沈没』を観にいってきました。

普段は、余裕をもって観る事ができるDICEの中にあるシネコンも、さすがに夏休みということもあり、小さい子どもたちも普段の週末の数倍多かった。みんなポケモンとカーズ観にいくんだな、きっと・・・

20060729203354.jpg

正直言って、『日本沈没』は、そんなに混んでいないだろうと思い、上映間際に行ったのですが、予想に反して結構なお客さんの入りのようで、真ん中の観易いブロックは全席完売、端っこのブロックも9割が埋っていました。

客層も高校生くらいからお爺さん、お婆さんまで、相当幅広い構成で、これも予想外の感がありました。
「そんなに前評判たかかったかなあ~、この映画って?」あらためて思ったのです・・・

前作の映画をTVで観たのか、ビデオで観たのか覚えていないのですが、「あれ、日本を救う方法って、こんなだっけ?」と思ったのは私だけでしょうか?

気になるので、前作をもう一回観て見たいですね~
すっごく、気になる・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/29(土) 20:49:29|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

LOHASな電池?

ICレコーダーの電池が切れたので、カメラ屋さんに電池を買いに行ったら、とても控え目に『土に還るパッケージ』と書かれたパナソニックのオキシライド乾電池がありました。

panacell1.jpg

一応、LOHASマーケティングを推進している立場としては、「どうせ買うなら、少しでも地球に優しい商品にしよう」と思い、この電池にしました。

panacell2.jpg

パッケージの裏面の説明によると、まあまあ、ありがちな話しで、「電池が入っているパッケージが石油系のモノではなく、トウモロコシ素材からできた植物系生分解性プラスチックで出来ているので、土に還りますよ!」って言うことなんですが・・・

以前、世界初の植物系生分解性プラスチックで出来たボールペンというのを購入し、使っていたら強度不足で、1ヶ月も経たないうちに外側にヒビが入ってきて2ヶ月で使いモノにならなくなった経験があるのですが、最近のトウモロコシ系生分解性プラスチックの強度は向上したのでしょうかね~

地球には優しいけど、強度不足でストレスが溜まって、カラダには優しくないんだったら、あなたは購入しますかあ~?

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/28(金) 00:59:30|
  2. LOHASマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

線路は続くよ何処までも

本日の日経新聞朝刊の13面に出ていた小さ~い記事ですが、『ドバイ』という3文字に反応し、記事をみてしまいました。

『ドバイ鉄道第2階工事受注』
三菱重工や三菱商事など5社がUAEのドバイで建設が進む全自動無人運転鉄道システムの2期工事を正式に受注したとのこと。

1期工事との合計受注額は約4100億円というビッグプロジェクトです!

最近、なにかと話題のドバイのリゾート地かどうかわかりませんが、「ゆりかもめ」みたいな自動運行システムが日本の技術を駆使して、安全運転されると現地に行ったときには、ちょっと誇りを持てるような気がします。

上海で乗ったリニアモーターカーは、摩擦係数が低く振動もほとんど感じないだろうという勝手な予想に反して結構ゆれるし、宙に浮いているという感覚はあまりなかったですからね。

日本の交通技術とシステムは世界をリードする存在であって欲しいです!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/27(木) 22:35:14|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ひさしぶりのLOHASな夕食

仕事がら、夕食も外食することが多い中、体に気をつけたメニューにしようと思いつつ、実際にはなかなか難しいことが多いのですが、久しぶりに昨日は、『これはあきからに体によさそうじゃないか』と思う店に行ってきました。

西麻布にある、あの「大地を守る会」が直営で運営している和食料理のお店『山藤』です。

《大地を守る会のサイト》
http://www.daichi.or.jp/

《山藤のサイト》
http://www.daichi.or.jp/pc/yamafuji/map.html

yamafuji3.jpg
(短角牛の炭火焼と朝採れサラダ)

yamafuji1.jpg
(こちらも朝採れの枝豆とおおぶりでプリプリした順才)

大地を守る会なので、野菜だけオンリーのメニューかと思いきや、”まこがれい”や”短角牛”と魚、肉もほどよい量で出してもらえて、とても満足度が高いお店です。
お酒にも、こだわりがあり、料理にあう日本酒がおすすめです。

私の知り合いで成功した人達は、仲間達が集まる隠れ家的バーを持つ人が何人かいますが、隠れ家的な小規模LOHASダイニングを造りたいところです!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/26(水) 10:58:28|
  2. LOHASマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ちょっと落ち着かないラウンジ

六本木ヒルズ展望台にある『マドラウンジ』に行ってきました。
7月8日にグランドオープンしたばかりであること、そして、あの森田恭通氏デザインということを事前に聞いていたので、かなり期待していきました。

森田さんのイメージから「スワロフスキーでキラキラ眩いラウンジか、大仏でも置いてあるのか?」と思っていったので、実際に行ってみて、かなりびっくり!

こんな感じのラウンジでした。
mado4_s.jpg


mado1.jpg

通常のラウンジって、落ち着いて、くつろぎ過ごせるという固定概念があるので、見事に打破してくれてますね~

展望台に行かれた方は是非、話のタネに行ってみてはどうでしょうか?

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/25(火) 23:04:19|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

来るの?地缶チューハイの時代

地ビールならぬ、地缶チューハイが登場!
近所のスーパーのお酒売り場で、思わず手が伸びてしまった商品です。

takara_s.jpg


京都・伏見の名水を使ったということを謳い文句にした京都の酒造メーカ『宝酒造』の缶チューハイです。
サントリーが、やはり地元京都の山崎の名水をつかったビールを発売していることにヒントを得たのか?どうかわかりませんが、『伏見』というブランドを利用した戦略は、なかなか良いのではないでしょうか!

思えば、『おーいお茶』ひとり勝ちだった、ペットボトルの緑茶市場に『伊右衛門』を投入したサントリーは、やはり京都の老舗・福寿園と組んで、大きくシェアを伸ばしました。

最強のブランド『京都』を冠にした商品、まだまだ出現しそうですが、食品だはなく、低迷して久しい京都の衣料の分野とコラボした『京都』ブランドが出て欲しいものです。

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/24(月) 09:08:41|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

土用の丑の日はマーケティングの賜物

土用の丑の日と週末が重なった今年は、日本全国の鰻やさんは例年以上に大流行だったのではないでしょうか?

unagai_s.jpg
(品川の鰻屋さんで買ったお弁当)

いつごろから、土用の丑の日に鰻を食べることが習慣化したのか? 

バレンタインデーにチョコレートを送る儀式をチョコレート屋さんが仕掛けたのと同様、平賀源内が知り合いの鰻屋さんから、「鰻を売るためにどうしたらよいか?」と相談されたのをうけ、「土用の丑の日に鰻を食べる」ということにしようと提案したことがきっかけらしい。

医者であり、学者であり、マーケターとしてのセンスを持ち合わせた平賀源内って、やはりスゴイひとですよね。
なんといっても、平成のこの時代に、その当時のエピソードが語り継がれていることが、スゴイことです・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/23(日) 23:07:32|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビールを巡る熱い闘い

今月発刊されたばかりの『ビール最終戦争』にはまってます。

20060722225540.jpg


前著の『ビール15年戦争』から4年の間のビール業界の移り変わりを人間ドラマを中止に描き、その筆の運びに思わず引き込まれます。

思えば、この4年間、ビール業界にとって、あまり明るい話題はなく、売っても売っても儲からない構図に、ますます拍車がかかってきたような印象です。
一方で、プレミアムビールが売れ始め、低価格に飽き飽きした消費者の指示を得たことは、たいへん良い兆しです。

ビール会社も総合酒類メーカーとしてのビジネス展開を図っているわけですが、やはり社名に○○ビールとつく企業にとって、この主戦場での戦いに会社の誇りをかけて、臨む様には感動を覚えます。

ワインなみに薀蓄を語れるビール、そんな商品待ってます!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/22(土) 00:35:09|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新富裕層に向けた外食産業の取組み

先日、8月に港区にオープンする、とある和食系ダイニングの幹部と話しをしてきました。

外食産業全体は厳しい状況にありますが、景気回復基調もあり、再び高級ダイニングが復活するか? 楽しみです。

一流の素材と店舗の雰囲気、心地よいオペレーションをリーズナブルな価格で提供しなくても、思いっきり高飛車に高価格で提供するという男気のあるダイニングが、もっともっと増えて欲しいところです。

そのお店、1階は一般の人も入れる空間、地価は事前に登録された会員しか入れないフロアに分かれていて、新富裕層のクチコミ・マーケティングを展開するという戦略上、お店の名前を載せられないのが残念ですが、気になる人は「札の辻」から「東京タワー」までじっくり探索すると見つかるかも?です。

堅苦しくないけれども、カジュアル過ぎず、料理やオペレーションは一流が当たり前、自分がその空間に居るのに値する店かどうか?
そんなことを判断基準にする新富裕層に受け容れられるお店、求めます!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/21(金) 22:07:37|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新富裕層と旧富裕層の違い

本日は、六本木ヒルズクラブで『新富裕層マーケティング・セミナー』を開催しました。
メンバーの中に多くの新富裕層がいるヒルズクラブを会場にし、敢えて1業種1社の少人数限定セミナーにしたことで、参加いただいた企業のみなさんの満足度も高く、主催者としては一安心!

seminar2.jpg


今回のテーマは、新富裕層マーケティングの中で、最も注目されているソリューションの『コミュニティ運営』です。

過去のセミナー受講者の方からの声として、最も要望が多かったのが、「コミュニティ運営について、もっと知りたい!」というご意見が多かったので、緊急開催しましたが、告知がセミナー当日の1週間前、参加費用3万円という無茶なスケジュールにもかかわらず、多数の受講申し込みをいただき過ぎて、お断りしなければならないほどの大反響に正直、驚きました。

seminar1.jpg


やはり『コミュニティ運営』に対する感心の高さをあらためて感じました。

今回のセミナー受講者のアンケートで好評だった内容として、旧富裕層と新富裕層の異なる意識・消費行動、共通する意識・消費行動でした。
また、新富裕層といっても、実はいろんなタイプがあって、どういう相関関係にあるのかという相関図が好評でした。

旧富裕層と新富裕層はすべてが異なるかというと、意外に共通点もあって、企業にとって重要な視点です。

詳細は、日経ブランディングの最新号に出ていますので、ご興味のある方は、是非入手してご覧ください!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/20(木) 22:57:18|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

この時期、気になるのは・・・

SevenSeasの8月号も夏らしく、『ロングバカンスの新基準』という特集です。
SevenSeas_s.jpg

記事は、One&Onlyはじめ海外の超高級リゾートのオンパレードで、一つの島が一組のゲストのためだけに提供されるリゾートなど、どう考えても縁のなさそうな感じです。

さすがにそこまでいくと、普段の自分の生活とはかけ離れ過ぎていてリアリティありませんが、1週間1箇所でロングステイすることは賛成です。
休みが少ないからといって、短い休みの間にあっちに行ったり、こっちに行ったりしていると移動しているだけで疲れるし、肉体的にも精神的にも疲労が蓄積されてしましますからね~

今年の夏休みはいつとれるか、まだわかりませんが、最低1週間は休みをとってリフレッシュしたい!
・・・と考えるのでした。

明日は六本木ヒルズクラブで『新富裕層マーケティング・セミナー』を開催します。
こちらのセミナーも、高級リゾートを見習って、1業種1社の参加で少人数限定のセミナーにしました!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/19(水) 23:10:15|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

沖縄に本格的リゾートがオープン!

全国的に雨が降り続きますが、それでも確実に夏の気配をひしひしと感じます。
先週の金曜日にOne&Onlyのパーティに行ったこともあり、今年の夏はどこで過ごすか?という話題を友達・知人とよくします。

海外のリゾートもいいなあ~と思いながら、沖縄フリークの私にとって、是非行ってみたいリゾートが誕生しました。
ひとづてに、『1日に十数組しか予約を受けないリゾートホテルがあるらしい』と聞いていたので、それはいくらなんでも大袈裟じゃないか?と思ったのですが・・・

最新号のSIGNATUREをパラパラとめくっていると、突然目にとびこんできた写真に目を奪われました。
今年、恩納村にオープンしたリゾートホテル『オリエンタルヒルズ沖縄』は、噂どおり1日に14組のゲストだけに限定するとのこと。

okinawa2_s.jpg
(各部屋にプライベートプールがつくという贅沢)

早速、インターネットで調べてみると、お盆休み以外はまだ予約できるようでした。
1人1泊75,000円と決して安くはありませんが、本当に限られた人数だけが占有できる空間と時間の対価として、いちどトライしてみたいところです。2人で1週間ステイするとと考えると、かなり贅沢な夏休みですね~

okinawa1_s.jpg
(クローズドな空間にやすらぎを感じそう)

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/18(火) 21:56:59|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワインの産地をめぐる噂

日経エコロジ-の8月号を読んでいると、アメリカ発のレポートとして、こんな記事がありました
『地球温暖化に乾杯できるか? 変貌するワイン産地の勢力図』

ご想像のとおり、地球温暖化の影響で、現在ワインの産地として有名な地域がブドウ栽培に適さない気候になり、ナパバレーに変わって、オレゴン州やワシントン州のワインの方が質がよくなるという話も出ています。

そういえば、ある方から「日本でも山梨から東北、北海道が新たなワイン産地として有名になる!」というような話を聞いたことがあります。
そうなると、ワインビジネスの主役たちも現在の主役が市場から退場し、新たな主役が踊りでる可能性もあり、そういう意味での期待大です!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!

  1. 2006/07/17(月) 22:56:34|
  2. LOHASマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

意外なスマッシュヒット・・・着信アリ

3連休の真ん中の日曜日の夜、川崎の東宝シネマズで『着信アリ Final』を観て来ました。

公開して結構経っているし、『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『M:i:Ⅲ』など話題の作品目白押しなので、今さら『着信アリ』観る人なんて、ほとんどいないだろうと思い、スクリーン4に入ると・・・

chakusin_s.jpg
(掘北真希のガンとばしが怖いプログラム)

予想に反して、150席の小さなハコではありますが、真ん中のブロックは9割程度埋っていました。
客層も中学生から年配の人まで結構幅広いです。
日本のホラー映画は、ほぼ見逃すことなく鑑賞していますが、ケータイを主体にした目のつけどころは、さすが秋元大先生ですね~

映画の方は、前の2部作のおぞましさと比較すると、やや控えめな演出で、身構えながらスクリーンを上目遣いで観るという感じではなかったですね。亡霊の怖さよりも人間の怖さと弱さの方を伝えたかったのかもしれません。
シリーズ物を同一監督で続けることは、いろいろむずかしい問題があるとは思いますが、まったく別モノの映画になってしまうことが多々あり、映画ファンの立場としては、世界観を踏襲して欲しいと思うところです。
『着信アリ リターンズ』があるんだったら、再び三池崇史監督の映像も観て見たい気がします!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!


  1. 2006/07/16(日) 22:01:29|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これからのリゾート

金曜日の夜、One&Onlyのパーティに行って来ました。
高級リゾートというと、日本ではアマンリゾートが有名で、先ずイチバンに頭に浮かんできますが、最近はOne&Onlyの名をマスコミでも目にする機会が増え、徐々にではありますが、その名も浸透しつつあるようです。

oandl2s.jpg
(配布されたブランドブックも、華美ではないが、上質なリゾートの雰囲気が漂ってきます)

今回のパーティは、One&Onlyが日本に進出!ということではなく、オピニオンリーダーの人達にOne&Onlyの名前とブランドイメージをしっかりと伝えようという目的のようでした。
オピニオンリーダーやセレブっぽい感じの人も多く見えていましたが、あえてTVの取材をいれないところに、私はOne&Onlyのポリシーを感じ、好感を持ちました。

そして、シンガポールの国民的スターDick Leeさんが自らピアノを演奏しながら、歌われた演出には感動しました。
周りの人はDick Leeさんのことをあまり知らない人が多かったようですが、正真正銘アジアの大スターで、歓談の時間に握手していただき、すっかりミーハーになってしまいました。

oandl1s.jpg
(中東テイスト満載のドバイのリゾート)

ドバイ以外にも、モーリシャス、モルディブ、メキシコなどの豪華なリゾートが有名ですが、個人的希望としては是非、One&Only沖縄をつくって欲しいところです!

One&Only勝浦でも親近感があっていいですけどね・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/15(土) 21:14:34|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

くいしんぼうのための料理教室

少し前のことになってしまいます。6月30日に『クラブ・デ・グランシェフ』の結成記者会見が開かれ、私も参加してきました。

◆記者会見の模様はこちら(MY LOHASのサイト)
http://www.mylohas.net/editor/archive/2006/07/post_9.php

フレンチの北岡尚信シェフをはじめ、和洋の超一流シェフたちが集い、「日本人の豊かな味覚と食文化の再生を目的に結成されたクラブ」で、食べること、遊ぶことが好きな人たちに文化としての食の重要性を理解してもらい、その人から近しい人たちに伝えてもらう。
そのために学ぶというコンセプトの従来なかったスタイルの料理教室です。
食料の自給率が50%を切るという異常事態を当たり前のように受け入れいる日本人が、もう少し真剣に食や食文化について知り、”考える場”と”きっかけ”になるといいなあ~と思います。

時間的にもココロ的にもゆとりのある新富裕層がターゲットになるビジネスでもあり、個人的にも会社的にも注目しています!

◆『クラブ・デ・グランシェフ』認定講座はこちら
http://fm-cooking.jp/flowchart.html

時間に追われ、精神的にも、ゆとりがない私は、まったく新富裕層とは言えないですね・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/14(金) 18:59:58|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

すぐに行動しないと・・・

赤坂のキャピトル東急の前をタクシーで通ったときに、『あっ!』と思いました。
2週間ほど前、J-WAVEを聴いていたときに『ビートルズが来日した際に滞在した部屋に泊まるスペシャル・ステイ・プラン』を始めるというような内容の話題を聞いて「それは面白そう、是非泊まりたい!」と思いながら、打合せの時間が迫っていたので、頭の中にメモって、そのままクライアント企業に向かったのです。

しか~し、”私の頭の中のケシゴム”が肥大化してきた私は、すっかり、そんなことも今日まで忘れ、平安な毎日を送ってきたのでした。

そして、キャピトル東急の前を通った瞬間にスイッチが入り、遠く2週間前の記憶がよみがえり、会社に戻るや否やキャピトル東急のHPにアクセスしたのです。

・・・が、しかし、時すでに遅し。
『ビートルマニア宿泊プラン 8月1日~31日』http://www.capitoltokyu.com/beatles/index.shtml
※おかげさまで完売いたしました。ありがとうございます。

と、かかれているではありませんか!

あのビートルズが滞在し、缶詰になってまったく部屋から出れなかったという「プレデンシャルスイート」がホテルの改装に伴い、消滅される前に10万円で宿泊できるという夢のような企画だったようです。

最近は外資系のスーパーラグジュアリホテルの台頭で、老舗のシティホテルの存在感がめっきり薄くなってしまい、キャピトル東急であっても時代の流れには逆らえず、ユーザのニーズに対応するかたちで、生き残りをかけ改装するのでしょう。

もちろん日本だけでなく、アジアの大都市に行くと必ず感じるのが、大規模な外資系スーパーラグジュアリ・ホテルの進出で、アジア旅行から戻ってきた人の多くが、そのゴージャスさを実感しているから、中途半端に古くて、圧倒的に狭い日本の老舗ホテルが、しょぼ~い感じに見えてしまうのです。

そんな私は、年内にドバイの高級リゾートに出向き、そのゴージャスさをこの目で確かめ、居心地を身をもって体験してこようと思うのです!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/13(木) 18:04:44|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

還暦ベンチャーっていいですね~

日経消費マイニングの7月号の特集記事に、今年の秋に豊洲にできる商業施設の中にオープンする『キッザニア東京』の話題が出ていました。

メキシコ発の「子どものための職業体験パーク」として有名なキッザニアという名前は、私も仕事柄知っていたのですが、先日広告代理店の方と話しをしている中で、少し実態について聞くことができました。

それはさておき、このキッザニアを展開する会社は、「キッズシティージャパン」という会社で、ハードロックカフェやセンチュリーコートの運営で有名なWDIから独立された方が新たに起こしたベンチャー企業だったのです。
(六本木のカリフォルニア料理「スパゴ」がお気に入りだった私は、このお店が閉店して、とても残念に思ったものでした)

この社長さん、60歳を過ぎてから、「キッズシティージャパン」を起こされたというバイタリティ溢れる社長さんで、是非、豊洲で大成功してもらい、日本中にキッザニアを展開して欲しいですね~

60歳を超えた方の新規事業が「子どものための職業体験パーク」というのも、とても素敵で応援したくなります!
2007年問題が目の前に迫り、シニア起業が一大ブームになると、日本も活気が出て、面白いですよね~

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/12(水) 19:02:47|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

北欧のイタリア人

先月、送られてきたDEPATURESを眺めていると、特集記事が「デンマーク」で、その中にちょっと気になるフレーズがあって、ページをめくる手がとまりました。

『北欧のイタリア人』と言われる社交的なテンマーク人は、一般的にあまり外食をしないが、ホームパーティはよくあるし、いったん外食するとなれば、とことん楽しむ・・・

北欧に行きたいと前から思っていながら、まとまった休暇がなかなかとれない関係上、どうしてもアジア旅行が多くなってしまうのですが、無理してでもスウェーデンやフィンランドへの旅を実現したいと。

しかし、デンマークについては、とくに、デンマーク料理というのが、イメージが湧いてこないです。
せいぜい頭に浮かんでくるのは、『カフェ デンマルク』くらいで・・・
しかも、あのお店って、料理というよりもパン屋さん? カフェ?って感じですよね。

一旦、気になると、調べないと気がすまない性質なので、ネットで「東京のデンマーク料理」と入れて検索しました。

すると、”デンマーク料理レストラン 店リスト”というサイトが表示されていたので、「おお、これだあ~」と思い、喜びいさんでみてみると・・・

やはり『カフェ デンマルク』が上位に出てくる程度で、ほとんどレストランが出てこない!

唯一、それらしい写真があったので、六本木にあるらしい「カフェ・デイジーCafe Daisy」という名前のお店でした。
しかし、ホームページをみると、ちょっと、よさげなので、近いうちに寄ってみて、デンマーク料理ってヤツにトライしたいと思います!

鰻を食べるんですね、デンマーク人は!
ちょっと、親近感持ちました・・・
このシーズン3日に1度は鰻を食べないとね!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/11(火) 18:47:07|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一見、勢い衰えず・・・表参道ヒルズ

週末、髪を切りに原宿に行った帰りに久しぶり(約1ヶ月ぶり)に表参道ヒルズに寄ってみました。
2月のプレオープンから数えきれない回数、表参道ヒルズに行きましたが、週末の集客は5ヶ月経過した現在も好調な様子で、3月、4月の時点と遜色ないような気がしました。(表参道から原宿の交差点まで歩いている人の数自体も多いですけどね~)

変わったことと言えば、オープン当初は飲食の店舗の待ち行列は半端じゃないモノがありましたが、流石に今は人が溢れているというような状況はありません。
毎度、感じるのですが東京はお客さんの数も多い反面、店舗の数も多い分、飽きっぽく、流行廃りのサイクルが極端に短いので、店のポジションをどこにもってくるのか?が本当に難しい街です。

最近、丸の内のTOKIAには行っていないのですが、鳴り物入りで進出した関西系の店舗は、今どの程度の客の入りなんでしょうか?
現状を知っている方がいらしたら、是非聞いてみたいものです・・・

《昨年11月のTOKIAオープン時のブログはこちら》
http://netmining.blog12.fc2.com/blog-entry-161.html

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/10(月) 17:37:58|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のヒルズ族

先週末は上海で打ち合わせを行ったので、今週はいつもどおり、ヒルズに戻ってミ-ティングです。

hills0710-1s.jpg

早いもので、1ヵ月に及んだW杯も終わり、壁にかかっているサムライブルーのTシャツも、そろそろお役御免ですね。
Tシャツをとった後には、何がかけられるのでしょう?

hills0710-2s.jpg

東京タワーは今日も明るくヒルズ族の心を癒します。
第二東京タワーは、新たな東京の象徴になるのでしょうか?・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!

  1. 2006/07/09(日) 01:05:47|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

地ビールも目先を変え

今度のビールは黒ラベル、黄ラベル!

近所のスーパーで、よく見かける名古屋の地ビール、「金しゃちビール」ですが、今回は限定醸造の黒ラベルと黄ラベルでした。
最近はプレミアムビールが売れているのですが、残念ながら地ビールの方は、右肩あがりとはいかないようです。

akashachi_s.jpg

価格が高くても買いたくなるような付加価値のつけかたが地ビールメーカーは苦手なようですね。
地ビールメーカーのコンサルをする機会があったら、結構おもしろいことができますけど~

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/08(土) 22:40:35|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新富裕層マーケティングの到来!

「新富裕層ブーム」がきた!
日経ブランディングの最新号(日経広告手帖別冊 2006-SUMMER)は、新富裕層マーケティング特集です。

20060707191523.jpg

私も4ページほど寄稿させていただいていますが、「新富裕層の消費分析」の著者である日経新聞の横田浩一さんはじめ、日経産業消費研究所の山岡氏、電通、博報堂の富裕層マーケ担当チームの方など、現在富裕層マーケティングの最前線で取り組んでいる人達が、各々の視点で従来の富裕層マーケティングとは異なる新富裕層マーケティングの必要性を述べています。
(もちろん、私もそのうちの1人ですが・・・)

書店で売っている冊子ではなく、業界人向け冊子なので、一般の方が手にとってみる機会は少ないと思いますので、少しだけ中身を紹介すると・・・

執筆されている皆さんに共通する点
◆一般的な富裕層のイメージ(年収3000万円以上、保有資産1億円以上)で捉えられない、富裕層が台頭し、マーケットボリュームの大きさから無視できない存在になっている

◆旧富裕層と新富裕層とは消費行動や価値観が異なる部分が多く、従来の富裕層マーケティングの手法を適用することには多くの課題がある

◆一方で、新富裕層は旧富裕層のライフスタイルに憧れる一面も持っていることが多く、消費行動にあらわれることもある

執筆されている皆さん独自の視点
新富裕層という新たなターゲット層は、似通った性質を示すいくつかのグループにわけることができるようで、その分類の仕方は各社各様で、なかなか面白い

ちなみに電通の富裕層プロジェクトチームは、富裕層を「ビジネス・エリート系富裕層」「セレブ系富裕層」「見えっ張り系富裕層」「小市民系富裕層」と定義しています。

また、博報堂は「黒リッチ」「一点リッチ」「隠れリッチ」「守リッチ」と分類しています。

一方、日経新聞では「女性若手セレブ」「ひとつ上をいくオトナ」「自分を磨くエリート青年」「ニッポンのお父さん」「質素倹約世のために」という5つのグループを挙げています。

そして、私ネットマイニングの鶴岡は、「①ベンチャー経営者(成り上がり)」「②ベンチャー経営者(仕事大好き堅実派)」「③:①、②を囲い込むメンター親爺」「④ビジネス・プロフェッショナル」「⑤王道プロフェッショナル」「⑥クリエーター系プロフェッショナル」「⑦一般企業に属する夫婦共稼ぎ世帯」と分類しています。

各社各様の切り口で、新富裕層をとらえているところがたいへん興味深く、専門家の私が読んでも、「なるほどね」と思う部分も随所に見ることができます。
2005年は富裕層マーケティングの時代でしたが、2007年は新富裕層マーケティングの時代がきそうな気配がムンムンします!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/07(金) 20:07:18|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のヒルズ続・・・番外編5

日経ブランディングの最新号によると、中国市場における日本企業のブランンディングはまだまだということのようですが・・・

消費財レベルでは、中国マーケットにかなり食い込んでいるようで、コンビニに行くと日本でお馴染みのブランドが商品全体の1~2割は占めているような感じをうけます。

shang91s.jpg
(CanCamの中国版も創刊2周年のようです)

shang92.jpg
(見慣れたパッケージがたくさん陳列されてました)

shang93s.jpg
(キシリッシュは、日本のオリジナル商品に中国市場向けのカバーを被せているだけでした)

shan51s.jpg
(ビールやノンアルコール飲料は、かなり中国市場に供給しているようでした)

消費財の次は、付加価値が高い商品・サービスのブランディングということになりそうですが、ハードルも相当高そうですね。

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/06(木) 22:54:35|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のヒルズ族・・・番外編4

中国では、穴の空いた石が縁起がいいとされているようです。

shan42s.jpg
(ということで、たくさん穴の空いた、この石は国宝とのこと)

shan41s.jpg
(昔、この石の所有者は、石を眺めるために書斎を作ったというお話し)

shan21.jpg
(滝陽路駅と浦東空港を結ぶリニアモーターカーに乗りました)

shan23.jpg
(ウチの会社の中国人スタッフから時速500km出ると聞いていたのですが、実際には300kmで制限しているようです)

2010年の万博に間に合うよう抗州まで延伸するらしいのですが、今日現在はガラガラで、地元の人が乗っている様子もほとんどなく、万博が終わったら大きなお荷物になるのでは?と余計な心配をしてしまいます・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/05(水) 16:16:34|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のヒルズ族・・・番外編3

都市部の開発には圧倒されます!
活気があるというか勢いを感じずにはいられません。
道路も建物もスケールが大きく、東京のように狭いところに密集した息苦しさは全くないです。

shan24.jpg
(運転が乱暴なのはアジア共通ですね)

shan13.jpg
(日本では見かけなくなった風景)

shan11.jpg
(左端が上海タワー。アジアで一番高いテレビ塔。その右隣のビルがM:i:Ⅲの重要な場面で登場する建物。既に観たヒトには分かるはず)

shan12.jpg
(トムクルーズがM:i:Ⅲで隣のビルから飛び移り、転がったビルの壁面)

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!

  1. 2006/07/04(火) 15:48:17|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のヒルズ族・・・番外編2

旧市街地に行くと、昔の中国の面影があちこちに!

shan16.jpg
(国土の面積が広いから道路も、やたら広い)

shan18.jpg
(アジアっぽい)

shan14.jpg
(このあたりは台湾や香港の下町と似た雰囲気ですね)

shan15.jpg
(IKEAは日本よりも先に上海に進出していたんですね)

shan05.jpg
(日曜日の朝は公園で太極拳)

shan04.jpg
(中国にきた感じがしますね~)

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/03(月) 12:33:24|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のヒルズ族・・・番外編

毎週末、六本木ヒルズで行っている打合せを、「たまには気分を変えてやろう!」ということになり、週末をはさんで上海に行ってきました。
3日間の強行スケジュールですが、「中国の富裕層は日本の富裕層の100倍裕福だ」とよく言わるくらい、ケタ違いの富裕層ぶりのようです。

しかも2010年の上海万博をひかえ、街中いたるところで再開発が進み、恐ろしいほどの急ピッチで変貌をとげているようで、今年と来年でも町並みは相当変化している筈です。
shan02.jpg
(街にはEXPO2010の看板もチラホラ)

shan01.jpg
(いたるところで、このような風景が)

高層住宅でも、平気で物干し竿が窓から突き出ていて、当たり前のように洗濯モノが干してあるところが、中国らしいのか?
そういえば、ベランダやバルコニーがある高層の集合住宅を見た記憶があまりありませんでした。
社会主義の国なので、土地はあくまで国のモノですから、もしかしたらベランダのような共有部も造らないことになっているのかなあ~
・・・と思いながら、上海の街なみをしっかりと目に焼き付けようとしたのでした。

つづく・・・

shan06.jpg
(洗濯物は外に干すのが一般的)

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/02(日) 10:24:36|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

トレンド・マイニング研究会

06 | 2006/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。