築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

定番ビールの強さ・・・その4

まとめにはいります。

「定番ビールはなぜ強いか?」

視覚から受ける情報量が多いことが味覚や好き嫌いといった感情に与える大きいのであれば、清涼飲料水やお菓子は、どうなるのでしょう?

確かに広告が大量に投下されて記憶に残りやすいとも考えられるのですが、ビールとの圧倒的な違いは、商品のライフサイクルの短さです。POSが発達し、単品管理が徹底される中で、売れ筋商品と死に筋商品が定量的な指標として提示され、消費者が望んでいるいないに係わらず、売れない商品はすぐに棚から外されるということが定常化している小売の現場では、新商品の使い捨て状態が当たり前です。

そのため、各社が目新しさを演出するために、季節限定や期間限定、地域限定など商品のラインナップの幅をひろげつつ、あえてライフサイクルを短くしていることが特徴的です。

いくら広告を大量に投下しても、商品の渦に埋もれ、短期間で市場から消えていく商品のことなど記憶に留めてくれるありがたい消費者は、そんなに数多く存在しません。

かくして、定番商品は生まれにくい条件が整いつつあります。
定番商品のラインナップを広げ、認知度が高い商品の亜流を展開していく方法は、ヒット映画のパート2、パート3を制作し固定ファンを対象にビジネス展開するやり方同様、かなり消極的な戦略です。

明日へ続く・・・

明日は、日本経済新聞デジタルメディア社のセミナーで講演です。
《公式サイトはこちら》
http://www.nikkeimm.co.jp/needsfair2007/
テーマは、新富裕層マーケティングで、低価格競争に巻き込まれない戦略についてお話しします。

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 09:43:22|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

定番ビールの強さ・・・その3

視覚から伝わる情報によって、嗜好が影響を受けるとすると、刺激を受ける場面も関係ありそうです。

ビールを飲む場面での視覚情報として、ビールのラベル以外に影響が大きい要因として、広告がありますよね。
最もわかりやすいのは、テレビCMです。基本的に広告の出稿量を増やせばビールの出荷数は増えるというのが、ビール業界の通説ではありますが、当然コストも増えるので、のべつまくなし散弾銃式に広告をうつことは現実的ではありません。
しかし、テレビCMのイメージがビールのイメージを形成するのは、間違いないでしょう。
それは苦みやカロリーや香りを超越したレベルで、もっともイメージ戦略が奏功しているのは、ご存知エビスビールの『ちょっと贅沢なビール』です。
ちょっと贅沢な味を訴求するのではなく、ちょっと贅沢なシーンを訴求したところが肝です。

テレビ以外にも、交通広告やイベントなどのスポンサード看板などから受けるブランドイメージに近い情報もありそうです。

話をもどしましょう。
広告以外の視覚情報として考えられるのは、人から受ける影響です。お父さんが毎晩家でビールを飲む習慣があった家庭では、お父さんの定番ビールの印象が強烈に残っているでしょう。
お父さんがキリンラガーを毎日飲んでいるのを見ていた人は、キリンラガーは親父のビールで、若者が飲むビールとは感じないでしょう。

また、大学生のお兄さんがバドワイザーの小瓶の蓋を手でひねりながら開ける姿をみていた高校生には、少し背伸びしたい若者が憧れるビールとして頭の片隅にメモリーされるでしょう。

過去の視覚情報から受けた刺激とブランドイメージは、そう簡単に覆されることなく、誰が飲むビールかということを心の中のポジショニング・マップに刻んでいるのです。

続きは明日・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/30(火) 15:28:43|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

定番ビールの強さ・・・その2

「定番ビールに帰ってくるのは何故か?」
味そのものについて論じるつもりはありません。

ラガーが定番な人、いつもスーパードライの人、エビスしか飲まない人など人それぞれだと思いますが、なぜ習慣化したのか?を遡って思い出せるひとは少ないと思います。

「そりゃあ、味が気に入ったからにきまってるだろう!」と考える人も多いでしょうが、そんなに単純な話でもなさそうです。

なぜなら、昨日も書いたように、目隠しをして、どの銘柄か当てるテストをしたときに、驚くほど大多数の人が当たらないのです。
つまり、味そのものだけで好き嫌いを判断しているわけではないと考えられます。

そうすると、先ず考えられるのは、ラベルのデザインから受けるイメージの影響が大きいということ。
ラガーのラベルが貼ってあればラガーと認識してそのビールを飲み、スーパードライのラベルが貼ってあれば、今飲んでいるビールはスーパードライですよと能に指令を出してビールを飲んでいる。
このように考えることもできるでしょう。

このときに美味しいと感じることができ、何度かそのビールを飲んでいるうちに、習慣化すれば必ず定番ビールになるかというと、それだけでもないようです。

続きは明日・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/29(月) 23:41:05|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

定番ビールの強さ・・・その1

テレビで、「復刻ビール」のCMを見たり、家の近所の酒屋さんやコンビニでは、「品川懸ビール」をみかけたりと、飲み慣れた普通のパッケージのビールとは違った、ひとひねりしたビールを最近みかけますよね。

新しいモノ好きの私は、ついつい買ってしまいますが、それでも定番商品をかったついでに、プラスαのもう1本として買う感じです。

ビール愛飲家なら自分の中でも定番ビールがあって、ために浮気しても結局、そのビールに帰ってくるんですね~
ところが、自称ビール愛飲家という人でも、ブラインドテストで商品名を当てるのは、相当難しく、ほとんどの人は普段飲んでいるビールがあたらないケースが多いのです。
「絶対そんなことはない! 私なら必ずわかる!」と自身を持って言い切る人ですら、実際にはあたらない場合がほとんどです。

それは、なぜか?
・・・ということについて、2、3日述べてみたいと思います。

ちなみに、下の写真は、近所のコンビニで売っていたオリオンビールの限定商品でした。
orion070127.jpg


人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/28(日) 13:34:51|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

実物買った

2週間ほど前に新聞に
「太巻きの替わりにロールケーキを今年の恵方巻きに!」
という記事が出ていたので、ブログにも書いたのですが・・・
http://netmining.blog12.fc2.com/blog-date-20070112.html

家の近所のセブンイレブンに行っても、実物を見かけることがなく、すっかり忘れていたのですが、昨日はたまたま実物に遭遇したので、買ってみました。

・・・が、結構デカイ!

maru2.jpg

maru1.jpg

本物の太巻きとほぼ同じくらいのサイズです。
これ、1本食べたら相当カロリー高いよなあ~なんて、考えてしまいます。

って、言うか節分までに食べてしまったら意味ないじゃんなんて、思わずツッコミたくなります。

ちなみに今年の恵方は北北西だそうです!

来年あたりはカリスマ・パティシエ:辻口さんの節分用ロールケーキなんて、出てくるかもね?

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/27(土) 20:55:53|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

起業家魂には

今、発売されている雑誌
『PRESIDENT』
の記事、「日本の富裕層700人の人生観と金銭感覚」というのが気になり、買ったのですが・・・

その記事よりも、起業家なら名前を知らぬ者はいないと言われるマクドナルド創業者であるレイ・クロックに関する記事が面白く、久しぶりに真剣に雑誌を読んでしまいました。

《PRESIDENTのサイトはこちら》
http://www.president.co.jp/pre/20070212/index.html

それにしても、レイ・クロックもカーネル・サンダースも、起業には年齢など関係ないのだなあ と、あらためて感じました。

団塊世代の大量退職が始まる2007年がいよいよ到来した中で、60歳以上の起業家たちが、たくさん誕生したら、若い世代の刺激になり、俺も頑張って一旗あげてやろうという具合になって欲しいもんです!

攻める次代が再び来た!そんな機運を私は感じます。

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/26(金) 10:13:01|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こんなことがあったら

・・・と、思うことの中に、再チャレンジがありませんか?

安部総理の掲げている再チャレンジとは、次元が違う話ですが・・・
最近、よく思うのは大型自動2輪免許取得への再チャレンジ。
実際には、時間が確保できず到底実現不可能かと思うのですが、限定解除に2回ほどトライしたものの、就職と同時に挫折した無念さが心の奥に片隅に・・・

スキーもスノボもここ何年も行けてないし、船舶免許もペーパードライバー並に、ギターもピアノも部屋のアクセサリーになりつつあり、アクティブに何か取り組みことへの再チャレンジ。

先日、J-WAVEを聴いていたら
『スケボーで英国人男性が豪大陸横断 全行程5823キロ!』
というようなニュースが流れていて、ふと、そんなことを感じたのでした・・・

《関連記事はこちら》
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070124k0000m040025000c.html

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/25(木) 20:55:30|
  2. LOHASマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

いつでもある感

週に1度無性にマックが食べたくなるのですが、評判のMEGAマックを食べたいと思って、店舗に行っても未だ食べることができず。

あまりの好評のため、安定した供給ができないということらしく、数量限定で販売しているということみたいです。
しかし、その数が圧倒的に少ないので、よほど運がよくなければ、ありつけないようです。

しかし、新社長になってからマーケティングが明らかによくなったマックのことですから、実のところはわかりません。

食べられないから、余計食べたくなる。
いつでも食べられるなら、いつか行けばいいや!
この違い、おおいいなあ~


人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/24(水) 01:48:18|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ますますバブルへGO!

このブログでも度々書いてます。

2007年はバブルの始まりの始まり。

企業業績回復と団塊世代の大量退職が重なり、既に新卒学生の採用はバブル時代の様相を呈しているという噂、本当のようです。

今年は、「内定学生の拘束」がバブル時代と同様に行われるようです!

就職氷河期が完結し、バブルへGO!ですが、

次は、「就職戦線異状なし! PARTⅡ」を観てみたいものです。

主題歌は誰がいいかなあ~?

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/23(火) 23:18:14|
  2. 若者マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こんなパソコンがあったら・・・

「いずれはケータイがパソコンにとってかわり、文書作成も表計算も簡単にできるようになる」
なんて言ってる友達がいましたが・・・

USBメモリにパソコンのOSからアプリまですべて入っていて、自分の作業環境がどこにでも持ち運びでき、ケータイにガシャッと挿せば、いつでもどこでもマイ・パソコン環境が開く。

そんな時代も、そう遠くでもなさそうです。

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/22(月) 22:45:27|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本日ものせられて・・・

毎度毎度、目先が変わったモノ好きで、何か新しい商品が出てないか?という好奇心でコンビニに行くので、新商品が出ていると、とりあえず買ってみたくなります。

また、オマケ付商品に心惹かれ、ボトルキャップ目当てで大量にペプシを買い込んだり、ヨーヨー付のファンタが未だに家の冷蔵庫に入っていたりします。

そして、今回またもや、思わずカゴに入れてしまったのが、E.YAZAWAのハンドタオルつきのスーパープレミアム・モルツです。
yazawa2.jpg


yazawa1.jpg


ちなみにこっちは、一部で有名な矢沢B吉タオル
bkichi.jpg

これはコンビニでは入手できません。
です。

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/21(日) 10:44:20|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本の将来って不安?

今年もセンター試験が始まる時期になりました。
18歳人口が着実に右肩下がりになっている状況で、理系離れにも拍車がかかり、モノづくり大国日本の将来を危ぶむ声もますます大きくなっています。

理系出身でマーケティングの仕事を生業にしている私が言うと説得力に乏しいのですが、理工系学部離れと理系大学生の製造業離れに歯止めをうつ決定打が必要ですねえ~
東京の某大学では、工学部機械科のように漢字のつく理系学部学科をすべて廃止して、カタカナの名前の学部になっていますから。

国の政策にまかせておいても、状況が好転するとは思えない中で、何をすべきか?
そんなに偉そうなこと言うつもりはないのですが、1番てっとり早いのは、理系人間のスーパースターを仕立てることです。
多くの若者憧れを抱くカリスマエンジニアを各企業がつくりあげること。

理科の実験の楽しさや数学の面白さを地道に教えていく方法もありますが、小中学生の憧れの対象になるスーパーヒーロー、ヒロインの理系人間をつくりあげる。
国と企業が連携して真面目に考えて欲しいなあ~

kagaku.jpg
(新聞の折込広告)
地道な活動も大切ですね・・・
自分がこどもの頃にあったら、絶対行ってましたね!これ

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/20(土) 10:27:21|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本日はセミナーの日

今日の午後は、新富裕層マーケティングセミナーの講師を務めてきました。

今回は金融系の企業の出席者の方々が大半を占めたのですが、ここ1年の傾向として、富裕層マーケティングセミナーへの参加企業の業種に製造業が増えたことは、いつもブログに書いているとおりです。

今年はさらにこの傾向に拍車がかかることは確実です。消費の二極化現象に終止符が打たれ、中間価格帯の商品・サービスの単価が向上し、全体的に物価上昇感を感じる年になる筈です。

バブルの頃に颯爽と登場した1個1000円のインスタントラーメンが、「こだわり商品」や「おとり寄せ」、「お取り置き商品」と姿を変えて、世の中にぞくぞくとデビューする。
それは来年あたりになると思いますが、低価格でそこそこの品質の商品やサービスは飽きられ、ワンランク上のモノを求める声が強くなると思われます。

かたや、一泊200万円のリゾート、どんな日本人が泊まるんでしょうねえ~?

時代は、まさに『バブルへGO!』です。
映画、楽しみにしてます・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/19(金) 22:18:18|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

お台場のボトルネック

今日の午後、お台場に行ったら、平日なのに道路が渋滞していて、どうしたことか?と思い、フジテレビ近くの交差点に近づくと・・・

なんと、上り下り両車線の見事ど真ん中で大型トレーラーが横転していました。
立方体状態に圧縮された空缶の塊が、縦・横1メートル程度の大きなサイコロのように中央分離帯や横断歩道に散乱していました。
odaiba4.jpg
(中央分離帯には散乱した積荷が)

odaiba1.jpg
(磁石のオバケで吸引)

odaiba2.jpg
(おわまりさん、ご苦労さまです)

ケガ人はなかったようで、パトカーだけが交通整理をしているのを横目に打合せのために目的地に行きました。

帰りに様子を見ると、さすがに図体がバカでかい大型トレーラーの横転事故だけあって、そう簡単に元の状態に戻せるはずもなく、散乱した積荷の整理にようやく着手しただけの様子。

別に嬉しいわけでもなかったのですが、横転したトレーラーが見事に腹をみせていたので思わず、ケータイで写真撮ってしまいました。

積載量オーバーかどうかわかりませんが、あらためて遠心力のスゴさを感じた出来事でした!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/18(木) 22:35:20|
  2. 雑談|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

手の内が分かっていても・・・

ヤマザキの『華麗ぱん』には、ナイスって思いましたが・・・

《ホームページの情報はこちら》
http://www.yamazakipan.co.jp/brand/02_04.html
(味の方は、結構ふつう)
ノリの商品なので、ぜんぜんOKでしょう!

コンビニ業界も様々なアイデアでコラボレーション企画を展開していますね。
コラボ以外にも、メーカーの戦略で最もわかりやすいのは、限定商品ですが、都内のセブンイレブンで、こんなバージョンのキットカットが売ってました。

20070116191940.jpg

マーケティングを生業にしているのに、ついつい限定というキーワードに惹かれ思わず買ってしまう私って、やっぱり根っからのミーハー・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/17(水) 23:24:25|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

華麗なる商魂!

キムタク主演の新ドラマ『華麗なる一族』が高視聴率を記録!
というニュースが流れた中、セブンイレブンではこんな商品が!!

20070116192019.jpg


華麗ぱん って・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/16(火) 23:48:52|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こだわりのリフレクソロジー

品川シーサイドに最近、LOHASを売りにしたリフレクソロジーのお店ができたと聞き、行ってきました。

20070114163501.jpg

どこがロハスなのかというと、
1)オーガニック素材のオイルとタオル
2)オリジナルの無農薬ハーブティー
3)自然エネルギー(風力発電)を利用
・・・とチラシには記載されています。

値段の方は30分3800円~と、一般のリフレクソロジーのお店よりも若干高めに設定されていますが、お店の中は清潔でオーガニック素材のタオルも肌触りがとても気持ちよく、快適な時間を過ごせます。

最近はロハスというコトバもすっかり定着し、そのせいか飲食業から建設会社まで、いろんな企業がロハスを自分達のビジネスに積極的にとりいれていますね。

ロハスブームと言った人も数多くいましたが、ブームではなく間違いなく定着することでしょう。
アメリカから輸入されたロハスの概念は日本流にアレンジされ、日本流ロハスビジネスが、これからは海外にどんどん輸出されるに違いないと思います。

もともとロハス的な思想やライフスタイルを日本人は持っていたわけですからね!

2007年は日本発ロハスの海外進出元年になると予想します!!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/15(月) 07:49:56|
  2. LOHASマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ライフスタイルと朝食

山手線にのったときにドア上の広告に目をやると、ちょっと気になって最後まで読んでしまう広告がありました。
ビジネスマンの男性の視点で、朝のヒトコマを切り取った短編私小説風の広告です。

朝食を自宅で食べない背景や理由、家で食べずに駅で食べることになった経緯などが書かれていますが、読んだ人がおもわず自分と重ねあわせて考えてしまう、なかなか軽妙なタッチで書かれた広告文なんです。

広告の言いたいことは、「自宅で朝食を食べるのもいいけど、駅で朝食を食べるライフスタイルっていうのも悪くないですよ!」っていうことを押し付けがましくならないように伝えているところに好感を持ちます。

最近のJRの駅ナカの充実ぶりを思うと確かに美味しい朝食を駅でとるというのも悪くない。
夫婦ともに仕事をもっているのであれば、家で朝ごはんを食べるよりも台湾のように二人とも外食した方が、合理的に時間をつかえるし・・・

朝食をとりまく環境が向上することによって、ライフタイルも変化する。
そういうことを考えると、まだまだ未着手の領域がありそうだなあ~と考えつつ、電車を降りたのでした・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/14(日) 16:10:54|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

俺もお前もi-phoneユーザ

数日前のニュースリリースで、アップルがi-phoneを発売するという内容が大々的に配信されました。
規格が異なるために日本では、そのまま利用できないということですが、ソフトバンク用の端末としていずれ発売されることになるでしょう。

たかがケータイ、されどケータイ。
ケータイでの音楽配信がかなり普及し、携帯型音楽プレイヤーがこれだけ普及している日本で、それほど大きなインパクトはないと思われているせいか、そんな騒がれていませんが、あのアップルが仕掛けることですから並のケータイ電話になるはずがないでしょう。

そして、モットも強力なのはアップルユーザのブランドロイヤルティでしょう。
アップルの世界観やブランドイメージに共感するユーザはコアな一部の人たちだけではなく、かなりのボリュームが存在し、アップルの巧みなマーケティング戦略と相まって、ますます増大の傾向にあります。

ハーレーダビッドソンのユーザがハーレーのオーナー同士ということだけで、すぐに仲良くなれるのは、「同じ価値感をもちあわせている仲間ということが何もいわなくてもわかる」ということに起因しています。

マックユーザも同じような感覚をもちあわせていて、アップルの世界観を理解しあえる仲間という意識が世界中につながっている強み。
これが最大のアップルの資産でしょうね。

10年ほど前までは、マックを使用中にOSがフリーズしたり爆弾マークが表示されても、「これがマックのかわいらしさだ!」というような発言を多くのマックユーザがしていたわけで、そんなユーザを抱えているアップルコンピュータはコンピュータメーカーという殻を打ち破り、ライフスタイル提案企業に脱皮しました。

スティーブジョブスには脱帽です!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/13(土) 23:19:15|
  2. ブランディング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

なんでもありの様相です

今朝の日経新聞に某コンビニが
「太巻きの替わりにロールケーキを今年の恵方巻きに!」
という記事が出ていました。

もともと関西では一般的だった風習をコンビニ各社が商売に結びつけた結果、短期間で
「節分に恵方に向かって太巻きを食べる」という行事があるらしい
ということは、全国津々浦々知られることになりました。

バレンタインデーに好きな人にチョコレートを送るというイベントを東京のチョコレート屋さんが考えたのと同じように、節分に太巻きを食べるというイベントを大阪の海苔屋さんが考えたというのが、この風習の始まりだという説があります。

ということは、コンビニが太巻きの替わりにロールケーキを食べようというイベントを考えるのも、違和感ありませんよね。
それにしても恐るべしは商売人の商魂です!
私も見習いたいモノです・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/12(金) 21:42:53|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

意外なところで新たなゴミ問題?

昨日、出版社の方と呑みながら、いろんなことを話している中で、フリーペーパーの話題になりました。

街中のいたるところで、フリーペーパーやフリーマガジンが配布されるようになり、地域密着情報や割引クーポン、有料雑誌にひけをとらないようなインタビュー記事など多くの情報が無料で入手できるようになりました。

特に駅ナカや地下通路にいたっては、若者向け、女性向、団塊世代向け、沿線情報など、様々切り口のフリーペーパーのラックが置かれており、その数たるや膨大な量になるでしょう。
さらにホットペーパーのように、街中で人が配布しているフリーペーパーまで入れると、日本中で年間どれくらいの量が配布されているのか?

・・・と、ここで問題なのが、配布するためのラックはあるが回収用のBOXなどみかけたことがない!
自宅に持って帰って読むに値する内容の濃いフリーペーパーや一定期間、職場で保存するようなクーポン系の雑誌を除くと、回収ルートに乗ることなく自宅や駅のゴミ箱に行くのが普通ではないかと・・・

これだけ、フリーペーパーが氾濫すると、そろそろ回収してリサイクルすることを真剣に考えないと、ちょろっと読んでゴミ箱にいれるような状況が続くと、フリーペーパーが引き起こす新たなゴミ問題に発展するかも?
なんて話しになったのでした。
これは、案外大きな社会問題になるかもしれませんね~
フリーペーパー回収法案みたいな法律ができるかも?です!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/11(木) 15:56:44|
  2. LOHASマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

巻き返しなるか

1週間ほど前のことになりますが、日経新聞にJALが年内に「国内線にファーストクラス導入」という記事が載っていましたね。

全日空のスーパープレミアムシートは、ビジネスユーザのニーズをうまく取り込み、高稼働率を維持している中で、ようやくJALも対抗策としてクラスJの上級カテゴリーを投入です。

安全性に対する危惧や会社内の政治的な闘争の表面化によるブランドイメージの低下など様々な要因から、多くのJALユーザがANAに流れてしまった中での巻き返しは、困難な道のりが予想されます。

国内線ファーストクラスの導入初期はモノ珍しさから、それなりの需要は見込めそうですが、ANAでマイルを貯めている人達を再びJALに引き戻すのは、飛行機に乗る機会が多い人であればあるほど、難しいでしょうね。

ちなみに「マイレージを使ったタイミングが最もブランドスイッチしやすいタイミングである」というのは、周知の事実ですので、それまでに国内ファーストクラス利用者にとって、相当魅力的なサービスを用意しておくことが必要です。
”さくらラウンジが利用できます”程度じゃあ、インパクトは弱いですよね~!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/10(水) 07:47:48|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中国の結婚式・・・その4

今回、参列させていただいた結婚式で、普通日本で行われる披露宴と決定的に違うなあ~と感じたのは、披露宴会場正面の雛壇に新郎新婦が着席するテーブルも椅子も常設されていなかったことですね。

wedding3.jpg
(正面には、ドデカイ金色の円形のモニュメントが・・・)

なので、当然、新郎新婦が披露宴出席者と同様に食事したり、お酒を飲むということがなく、新郎新婦は各テーブルをグラスを持って挨拶に回ってきました。

来賓の方の挨拶と歌で異様な盛り上がりを見せ、彼と写真を撮るために人が群がってきました。
どうやら、この人、朱軍さんという中国中央電視台(日本のNHKみたいな放送局)の有名な司会者で、日本でいう久米宏さんのような存在だということでした。
20070107131347.jpg
(思わずテレビの画面をケータイカメラで激写)
結婚式の翌日の日曜の夜、ホテルの近く足つぼマッサージ屋さんに行ったときに偶然テレビで、その人が司会をしている番組が流れていて、確かに国民的人気司会者っぽいオーラが出ていました。

そして、今回の披露宴での最大の謎であった、『中国の結婚披露宴はカメラクレーンが入る随分派手な式なんだなあ~』という疑問ですが、実は新郎のお父さんが中国で有名な企業のCEOだそうで、その方の「ご子息が日本人女性と結婚する」ということで中国中央電視台のニュースの取材のためにクレーンが入っていたということでした。

どうやら、可動式照明とカメラクレーンによる撮影があり、5時間に及ぶ長時間の式が中国の一般的な披露宴ではないということがわかり、ちょっと肩透かしをくらったような納得したような・・・

そして、新郎新婦双方の親御さんからのご挨拶で披露宴は中締めになり、その後は時間の余裕があり、残りたい人は残り、途中で退席する人は流れ解散的に帰っていくという、ゆる~い感じの終わり方で、中国っぽくっていいなあ~と感じた面白い結婚披露宴でした。

北京編、おわり・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!

  1. 2007/01/09(火) 07:45:16|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1月7日といえば

1月7日の朝食は七草粥を食べるという風習を今の日本で何割の家庭が行っているのか定かではありませんが、スーパー等で春の七草セットが売っていることから考えると、そんなに廃れた風習ということでもなさそうですね。

子供の頃からの習慣(特に京都では未だに伝統的な行事や風習を大切にするのが当たり前)で、東京に住んでからも、この時期自宅にいるときには、七草粥を食べることにしています。
nanakusa.jpg

お酒と高カロリー摂取気味の胃袋と腸には本当やさしい食事ですね

邪気をはらい、万病から身を守るために七草粥を食べるという風習は、清少納言の時代から現代まで受け継がれてきたわけですから、いつまでも引き継がれていくといいですね~
なにせ、今ではニューヨークでもお粥を食べれるお店があるくらいですから。

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/08(月) 09:44:39|
  2. LOHASマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中国の結婚式・・・その3

これも日本の披露宴では、おめにかかったことがない場面。

披露宴会場の左前方には、日本でもお馴染みのシャンパンタワーが・・・
そして、その隣にはウェディングケーキがあります。
wedding2.jpg

派手な披露宴の割には、プレーンなケーキだなあ~と思いながら、さして気にせず披露宴は始まり、新郎新婦の入場、来賓の祝辞、お色直し、新郎新婦の子供のころの写真を投影など、日本の披露宴と流れ的には同じです。

wedding6.jpg

そして、披露宴も中盤に差し掛かった頃、それまで着席していた若い男女10名弱がたちあがり、おもむろにケーキの方に近寄ります。
そして、手に手術用っぽい薄手のビニールの手袋をはめたかと思うと、ウェディングケーキに、フルーツやクリームやらをのせはじめます。

wedding5.jpg

なるほど、随分と素っ気無いケーキだと思っていたら、友人達がデコレーションするために敢えて飾りつけがされていなかったんですね。
中国では以前からポピュラーな演出なのかどうか聞くのを忘れましたが、新郎新婦を祝福する気持ちをこめて、ウェディングケーキの飾りつけを友人達が行う演出って、日本でもあってもよさそうですね。

新郎新婦の傍に寄ってお祝いの言葉を伝えるためにビール瓶もって、宴席の前方に行くよりも、スマートな感じがして好感持てます。

もうちょっと続く・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!

  1. 2007/01/07(日) 11:45:16|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中国の結婚式・・・その2

お隣の国であっても、結婚式や披露宴は日本と中国で似ているようで微妙に違うところが面白い。

20070106133705.jpg

日本の披露宴だと、座席表があり、どの席に誰が座るかは事前に決まっているのが当たり前ですが、参列者のが着席するテーブルは決まっていますが、円卓の周りに配置されている椅子のどこに座るかは特にきまっていなくて早く来た人から適当に座ります。
それが中国の披露宴の一般的なスタイルかどうか?はわかりませんけど・・・

また、テーブルの上に置かれている『本日のメニュー』もひとりづつにあるわけではなく、「2~3人で一緒にみてね!」って感じで、各テーブルに3つくらいのメニューがたててあります。
考えてみれば、別にひとりひとりにメニューが必要なわけでもなく、その方が合理的かもしれないですね。

wedding7.jpg

ひとりひとりの席には、赤い巾着袋が置いてあります。赤色は縁起のいい色として中国ではいろんな場面で登場しますが、おめでたい披露宴会場にはいたるところに赤色で彩られています。
この巾着袋の中には、お菓子が入っており、幸せのおすそわけという意味でしょうか?

tobocco.jpg


また、各テーブルにはタバコが積まれており、こちらも縁起モノだそうです。
テーブルで吸うことに気がひけたので、数本持ち出し、会場の外の喫煙スペースで吸ってきました。
最近は不特定多数の人が集まる場所でタバコを吸うことって、日本では極端に減ったせいで、習性というか習慣って色んな場面で顔を出すものですね~
タバコ大国の中国では、まだそこまでうるさく分煙分煙とは言われていないようでした。

つづきは明日・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/06(土) 14:12:53|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中国の結婚式・・・その1

北京に行った用事のひとつに知人の結婚式に参列することがありました。
知人の日本人女性と中国人の男性の結婚式が、新郎の出身地である北京で盛大に行われました。

中国の結婚式に参加できる機会も一生のうちに、そんなにあるわけではないだろうと思いましたが、期待どおり日本の結婚式との違いを存分に楽しむことができました。

場所は、北京市内の外資系ホテルで、日本にも近々に進出予定のあるスーパーラグジュアリ・ホテルに属するホテルで、中国では五つ星に格付けされています。
wedding8.jpg
(ホテルの中庭も中国風)

披露宴が午前10時開始ということだったので、余裕をもって30分ほど前にホテルに到着し、10分前には披露宴会場に入りましたが、その時点では着席している人の姿は、まばら。

会場には、カメラ用のクレーンや可動式の照明装置などが動作確認中で、中国の結婚式というのは日本以上にゴージャスな演出がされるんだなあ~と感心していました。(のちほど、本当の理由が判明し、あらためて感心することになったのですが・・・)
wedding9.jpg
(カメラ用クレーンが鎮座)

wedding4.jpg
(可動式照明と操縦席は、なぜか会場前方に)

開演時間が近づくと、ヴァイオリンの生演奏がはじまり、気分を盛り上げます。開演予定時間になっても、半分くらいの人しか着席していません。
スローライフです、中国・・・
wedding1.jpg
(ヴァイオリン生演奏でお客様を迎えます)

つづきは明日・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!

  1. 2007/01/05(金) 09:22:39|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お正月の風物詩

正月も三が日が終わると、そろそろお正月気分も抜けはじめ、明日からの仕事にそなえようかと思う人も多いことでしょう!

昨日は、大学対抗箱根駅伝の復路の第一京浜の品川近辺を通るタイミングにあわせて応援に行ってきました。
沿道は、小旗をもって応援している地元の人達であふれ、全大学が目の前を通り過ぎる30分程度のあいだ、多いに盛り上がります。

今年はワンセグ携帯という最強ツールのおかげで、先頭がどのあたりを走っていて、最後尾がくるまで、どのくらいの時間かかりそうなのか?がTVの情報で逐一わかり、本当に便利!

ekiden2.jpg
(早稲田の選手の力走!)

ekiden1.jpg
(10位以内のシード権をめぐる激しい攻防)

私の母校は、スポーツが強い大学ではないので、箱根駅伝も大学ラグビーもライスボウルも冷静にみていますが、もし母校が出場していたら、燃えるんでしょうねえ~!!

バブル再来にあわせ、帰属意識をリマインドさせる企業スポーツの復活も近いことでしょう! いいことだあ~

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/04(木) 13:00:12|
  2. 雑談|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

極寒の北京・・・その4

商業地域だけでなく、普通の人達が日常的に集まる場所にも行きました。

北京市内の中心部に近い、天壇には、老人の方々を中心に多くの市民が集っていました
人の多さに観光客相手に何か商売をしているのかと思いきや、そんな様子もなく、広大な公園の中にある建物の回廊の軒下では、誰に遠慮することなく大音量でカラオケをしている人あり、楽器を演奏している人あり、編み物をしながら、できた作品を展示販売しているご婦人ありで、かなりスローライフな感じです。

20061231001852.jpg
(回廊の軒下は人が溢れています)

20061231001906.jpg
(調律に余念なし)

20061231001917.jpg
(軍人将棋も盛り上がってます)

20061231001928.jpg
(いたるところでカラオケ!)

東京では、みかけない風景ですが、お年寄りが街中で自由気ままに時間を過ごすことができる北京の方が、ある意味文化度が高い気がします。
「ロハスな街、北京」ってところです。

数年前から言われていた2007年からはじまる団塊世代の大量リタイアが、いよいよ始まる年になりました。
60歳そこそこで現役引退は、あまりにも早すぎるとは思いますが、会社組織から距離を置いた人達が社会とどう係わっていくのか?、スローライフを実践できる人がどれくらいの割合でいるのか?と考えたとき、受け皿になる”場”の少なさが気になります

与えられることに慣れきっている日本人が自分の居場所を自分自身で見つけられるのか?というテーマが社会問題にならなければいいですね~

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/03(水) 10:18:39|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

極寒の北京・・・その3

北京の話の続きです。
北京市内の繁華街に109があると聞いていたので、寄ってみました。

なんとなく、ロゴの雰囲気が馴染みのあるロゴのテイストではないので、ちょっと東急っぽくないなあ~と思っていたら、案の定、日本の東急資本の109とは全然関係ないということで、中国らしくていいなあ~とあらためて思いました。

20061231001838.jpg
(西単の商業ブロックの一番端にあり地理的にも不利?)

109ビルの中に入ったら、びっくり?!
ファッションの小売専門店街ではなく、なんとブライアル関連のショップの集積ビルでした。

20070101184035.jpg
(衣装、ジュエリーショップなどが並びます)

中国の婚礼シーズンがどの時期なのか知らないので、なんともいえないのですが、平日の夜のビルには、ほとんどお客さんがいない閑散としており、繁華街の一等地で度々みかけた閉鎖している大規模店舗と重なります。

地元の若者が集まる地域のようで、集まっているブランドやショップはターゲットにあっているようにみえますが、街中を歩いている人の数に較べると、実際に買い物をしている人の数が少ないのが、気になるところです。

にぎわっているお店は地方から北京に観光に来ている人を対象にしているところとデパートの1階、そして北京オリンピック公式ショップくらいかなあ~

飲食店に入っている人は多かったですよ~ どこも!
着倒れよりも食い倒れの街ですかね?
今の北京は・・・


人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2007/01/02(火) 12:17:59|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

トレンド・マイニング研究会

12 | 2007/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。