築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

裏 クイズ・ザ・日本人ゼミナール 本日のテーマ『健康志向でTOFU文化が世界を制覇する』

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人 ゼミナール』ですが、

本日のテーマは”健康志向でTOFU文化が世界を制覇する!”です。

紙面に書ききれなかったポイントや別の視点で、書いています。

月曜から水曜のクイズのテーマは、「豆腐」でした。

世界的な健康志向で、魚の争奪戦が激化し、新興国に買い負けする日本の漁業、水産業の話は

マスコミでも、たびたび取り上げられますよね。

寿司の場合、海外では、高級な外食としての地位が保たれているので、まだ、ましです。

アメリカでは、スーパーで「TOFU」売り場があるのが普通ですが、

世界中で、同様の風景になったら、どうなるでしょうか?

豆腐の原料である大豆の争奪戦がくりひろげられ、

アメリカ、カナダ、中国からの輸入に依存している日本では、

豆腐を食べることができなくなり、スーパーの安売り商戦の目玉ではなくなってしまいます。

夕刊フジのゼミナールでは、豆腐製造業者の生き残りのために、

需要拡大のための長期的戦略が大切です!と書いていますが、

一方で、大豆の国内受給率を向上させる施策を検討しなければ、

漁業が抱える問題と同じように、

豆腐や納豆、厚揚げ、すべて日本の食卓から消えるXデイが来るかもしれません・・・

詳しくは、本日発売の夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人 ゼミナール』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2008/08/28(木) 20:59:23|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のテーマは『豆腐』です

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”豆腐”です。

豆腐は、畑の肉と呼ばれるほど高タンパクの健康食品ですが、

大豆の価格の高騰で、豆腐製造業者は、本当に大変です。

スーパーの安売りの目玉商品として、豆腐や納豆が毎日のように店頭に並んでいる状況でありながら、

原料の大半は外国からの輸入に頼るといういびつな構造も問題ですよね。

クイズでは、こんな問題が出ています。

■日本に伝来した当初の豆腐は、どのような存在だったでしょうか?

■豆腐が現在のように庶民の間にも広く普及したのは何時代?

問題には、出ていませんが、絹ごし豆腐と木綿豆腐の違いを、豆乳を濾す布の違いだと

勘違いしている人が、意外に多いようですが、実はこれは間違いですよ!


詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/08/25(月) 18:50:43|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

裏 クイズ・ザ・日本人ゼミナール 本日のテーマ『カワイイ文化のルーツは妖怪にあり!』

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人 ゼミナール』ですが、

本日のテーマは”カワイイ文化のルーツは妖怪にあり!”です。

紙面に書ききれなかったポイントや別の視点で、書いています。

月曜から水曜のクイズのテーマは、「日本の妖怪」でした。

人間の理解を超える事象の総称を妖怪と呼ぶのですが、

本来、恐ろしい存在であるはずの妖怪を

擬人化し、親しみを感じる存在と描く感性が日本人にはあるようです。

この傾向は、漫画やアニメの影響で、昭和30年代以降のことかと思いきや、

実は、歴史を遡ると、庶民に妖怪が広く伝わったのは想像以上に古くから存在します。

詳しくは、本日発売の夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人 ゼミナール』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/08/21(木) 07:00:00|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のテーマは『日本の妖怪』です

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”日本の妖怪”です。

昨年、映画 『ゲゲゲの鬼太郎』が予想外?のヒットをし、

今年も続編が公開中ですね。

日本人と妖怪のつながりは、実は結構、昔にさかのぼります。

クイズでは、こんな問題が出ています。

■牛若丸は8歳の時、現在の京都にある鞍馬寺(くらまでら)に預けられた。
そこで牛若丸に兵法を教えたとされる妖怪とは?

高橋留美子の「犬夜叉」の主人公も人間と妖怪のハーフですが、

既に江戸時代には、妖怪を擬人化した作品が存在していました。

怪談や都市伝説は、昔も今も廃れることがない、関心事のようです。

詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/08/18(月) 18:29:54|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日経TESTで分かるあなたの○○

最近、地下鉄のホームの広告や日経新聞、テレビ東京のCMで、

日程TESTをよくみかけませんか?

9月21日に第1回公開テストが開催され、8月18日が申し込み締め切りです。

ホープページの記載によると

TESTは経済知力テストを英訳した「Test of Economic Sense and Thinking」 の略称です。

経済知力は、経済の仕組みや流れを理解し、新しいビジネスを生み出す能力を意味します。

これからのビジネスリーダーを目指す人材に求められる必須の能力です。

半年くらい前にマスコミ向けの発表会があり、私も参加しました。

そのときに、お試しテストがあり、受験したのですが、

約7割の正答率でしたが、ジャンルによって、出来不出来が明確に傾向が出て、

自分の知識の偏りを確認することができました。

《公式サイトはこちら》
http://ntest.nikkei.jp/

経済に対する知識を知るというよりも情報感度を知る

ためのテストとして、お奨めです。

ちなみに受験料は税込みで5250円です。

企業内での利用も視野に入っているようで、TOEICのように普及する可能性もありますね。


続きはボチボチと・・・


人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/08/16(土) 07:00:00|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

裏 クイズ・ザ・日本人ゼミナール 本日のテーマ『日本の風物詩 存亡の危機』

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人 ゼミナール』ですが、

本日のテーマは”日本の風物詩 存亡の危機”です。

紙面に書ききれなかったポイントや別の視点で、書いています。

月曜から水曜のクイズのテーマは、「蚊取り線香」でしたが、

ライフスタイルの変化や緑が少なくなったことから、

自宅で蚊取り線香を使う機会が減少しています。

蚊取り線香も、ある意味の日本の夏を代表する風物詩のひとつですが、

かつては、当たり前だった風物詩が、どんどん姿を消しつつあります。

花火大会やテーマパークなど、受動的なイベントには、参加する人は多いのですが、

盆踊りやラジオ体操など、地域密着型で参加型の催しには、参加する人が、どんどん減っています。

毎度毎度、書いていますが、日本人の消費経験が豊富になったことによって、

楽しいことがたくさん用意されていて、その中から、自分の感性に合うコンテンツを安価に

自由に選べる中で、自分で考えることや参加することで得られるメリットが明確になっていない

ことに対する興味が失われるのも、当然のことでしょう。

盆踊りやラジオ体操なども、完全に消滅することを防ぐためには、古さや伝統を残しつつも

新しさを織り交ぜる工夫を真剣に考えないと、衰退に歯止めをかけることは無理でしょうね。


詳しくは、本日発売の夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人 ゼミナール』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/08/14(木) 12:19:40|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のテーマは「蚊取り線香」

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”蚊取り線香”です。

都心にいると、蚊と出会う機会がめっきり減ってしまい、

蚊取り線香を使うこともほとんどなくなってしまいます。

特にマンションに住んでいると、そうなりませんか?

クイズでは、こんな問題が出ています。

■蚊取り線香はある植物に含まれる殺虫成分を使用して作られた。その植物とは?

■蚊取り線香が登場する以前は、ヨモギの葉などを火の中に入れて焚いて蚊を追い払っていた。
この方法を何という?

「日本の夏、金鳥の夏」っていうフレーズのTVコマーシャルも見なくなりましたよね・・・

詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/08/11(月) 06:33:27|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

銀座久兵衛が選んだお米

プライベートで来日した中国人富裕層がどんな場所で食事をしたときの満足度が高いのか?

という話題を友人としているときに、やはり、高級寿司店で極上のネタを存分に堪能した人は

かなりの確率で満足しているようだという話になりました。

美味しいんだろうけれども、日本人にとって敷居の高さを感じる寿司店、数ある中で、

銀座久兵衛も、そんなお寿司屋さんのひとつでしょう。

この銀座久兵衛では、福島県の『会津継承米 氏郷(うじさと)』

というお米を使っています。

ujisato.jpg

「米づくりは土づくり」と言われるほど、育った土地の力によってお米の味は大きく変わります。

土にこだわるということは、とても手間がかかり面倒なことですが、あえて土づくりにこだわり、

且つ高い技術をあわせもつ農家のみが氏郷をつくることが許されています。

だからこそ、久兵衛がこのお米を選んだのでしょう。

幸い、久兵衛に行くことができない人でも、氏郷を買うことができます。

http://a-foods.shop-pro.jp/

久兵衛に行く前に一度、トライしてみては?


続きはボチボチと・・・


人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/08/08(金) 00:01:02|
  2. こだわり消費|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

裏 クイズ・ザ・日本人ゼミナール 本日のテーマ『見直そう! 地球にやさしい日本家屋』

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人 ゼミナール』ですが、

本日のテーマは”見直そう! 地球にやさいい日本家屋”です。

月曜から水曜のクイズのテーマにちなんたテーマでコラムを書いているのですが、

環境との共生を昔から具現化している日本家屋の思想を

次世代住宅や都市開発にとりいれる動きが盛んです。

京町屋にしても、白川郷の合唱づくりにしても、

土地の特性にマッチした空間づくりと機能性を合わせもつ日本家屋の合理性が

今、あらためて評価されている背景には、やはり環境問題が待ったなしの状態だからでしょうね。

マンションライフも快適ではありますが、時間や用途にあわせて、

臨機応変に障子の開閉だけで空間を創造できる日本家屋の素晴らしさはマンションでは得られません。

4LDKというような空間の利用目的が固定化されているイメージで住まいを考える発想は、

これから徐々に変化していくような気がします。

詳しくは、本日発売の夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人 ゼミナール』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/08/07(木) 23:17:38|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のテーマは『日本家屋』です!

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、今週のクイズのテーマは”日本家屋”です。

暑い日が続きますが、昔の日本家屋には涼をとる工夫がたくさんされていましたよ。
機密性が高いマンションでエアコンで快適な温度で暮らすことに慣れてしまうと、それはそれで快適ですが、外の風をうまくとりこむ工夫がされている日本家屋や小さな坪庭で涼を感じる仕掛けがある日本家屋の良さもよいものです。

クイズでは、こんな問題が出ています。

■畳は日本独自の文化だが、そのルーツは何時代までさかのぼるでしょう?
①奈良時代 ②平安時代 ③鎌倉時代

■床の間の隣に設けられ、書物や硯(すずり)箱などを収納するスペースを何と言う?
①床側 ②床脇 ③床傍

東京で、昔ながらの日本家屋に住むことができる人って、ごく限られた人達で、すごく贅沢な生活になってしまったのですが、日本家屋の持つ自然との共生の発想を住宅開発にとりいれようという動きも活発です。

詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/08/04(月) 13:17:37|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トレンド・マイニング研究会

07 | 2008/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。