築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

裏 クイズ・ザ・日本人ゼミナール 本日のテーマ は 『源氏物語』です

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”源氏物語”でした。

2008年は、源氏物語千年紀にあたる年で、出版業界はじめ、源氏物語と縁のある宇治市などでは、おおいに盛り上がっています。

日本人なら源氏物語の名前と作者の紫式部について、聞いたことがない人はいないでしょう。

しかし、実は、源氏物語は本当に紫式部が書いたのか?という歴史的な史実はないようです。

また、紫式部についても、生誕年も没年も記録に残っておらず、実在の人物かどうか?という説があるほど、ミステリーにつつまれた人物です。

一方、紫式部が書いたと言われている「紫式部日記」の中では、

清少納言など同時代を生きた女性たちの人物評が結構、辛辣に記されていたりと

間違いなく存在感のある女性だったという説もあります。

54巻を読み切るのは、なかなかたいへんですが、

秋の夜長に現代語訳の源氏物語にざっと目を通すのも、いいかもしれませんね!


詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!

スポンサーサイト
  1. 2008/10/30(木) 14:46:45|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のテーマは『源氏物語』です

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”源氏物語”です。

読書の秋ということで、文学作品にあらためて目を通す方も多いと思いますが、

日本人なら『源氏物語』の作品名と紫式部の名前は誰もが知っているほど超メジャー作品です。

しかし、世界最古の長編小説と言われるだけあって

相当の覚悟がなければ、一気に読み通すことは困難です。


クイズでは、こんな問題が出ています。

■現在、わたしたちが読んでいる源氏物語は全部で何巻(帖)あるでしょう?

■源氏物語の最後の十巻(帖)を何と呼んでいるでしょう?


ちなみにマンガ版の源氏物語もあり、

特に人気漫画家である江川達也氏の作品は

官能的な源氏物語の世界をさらに妖艶なタッチで描き

人気があります。

詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/10/27(月) 06:55:50|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

裏 クイズ・ザ・日本人ゼミナール 本日のテーマ は 『稲刈り』です

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”稲刈り”でした。

食料自給率が40%を切っている実情や日本人の米離れなど、

お米をとりまく環境は明るい話題が少ないです。

「めざましごはん」のキャンペーンなど、

お米をたべることを推奨しながら、減反政策を進めるなど相反することを続ける

国の政策に疑問を感じますが、

来年以降は、潮目がかわる年になるでしょう。

安い価格で輸入される農作物に対する生活者の目も徐々にかわりつつあります。

多少、値段が高くても、食料という生きていく上で最重要なファクターを

外国に依存することの怖さと代償について、

多くの日本人が感じたのが2008年でしたからね。

平和ボケした日本人には、ひとつのよい食料事情をまじめに考えるひとつのキッカケとして

食料に関する多くの事件や事象があった2008年も

あと2ヶ月で終わるとなると、来年の食をとりまく環境の変化も気になります・・・

今年以上に大きな事件や事故がおきそうな気がするんですよね~


詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/10/23(木) 06:55:20|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のテーマは『稲刈り』です

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”稲刈り”です。

新米が店頭に並ぶシーズンになり、

炊きたての美味しいごはんを食べたことも多いのでは?

最近は都心のマンション居住者を対象に稲刈り体験を提供し、

契約農家でとれたお米を継続して購入してもらったり、

マンションの備蓄米にする動きも出ています。

お米の消費量が減少し続けていますが、食料自給率が40%を切る現状の中で、

一般消費者がお米の大切さを自覚する兆候もあるようです。


クイズでは、こんな問題が出ています。

■手作業で稲刈りを行う場合に使う道具の名称は?

■毎年11月23日に全国の神社で行われる稲作儀礼の名称は?


詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/10/20(月) 07:15:27|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

今週のテーマは『松茸』です

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”松茸”です。

秋の味覚の王様と言われる松茸ですが、

鱧とのコンビネーションが最高に素敵です。

国内産の松茸は、非常に高価で、一般家庭ではなかなか手が出にくいですが、

季節感を感じる旬の食材として、賞味したいものです。

日本食ブームと世界的な健康志向で、おいしくて安い魚が手に入りにくくなってしまったように

松茸もいずれ、日本の市場を素通りして、海外の富裕層にねこそぎ、

もっていかれないとも限りません。

それだけは、なんとか阻止したいですね~


クイズでは、こんな問題が出ています。

■ある陶器に鶏肉なども入れて蒸し煮にした料理を何という?

■松茸の生産量が最も多い都道府県はどこ?


詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/10/14(火) 15:54:38|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ROBO_JAPAN2008が本日から開幕です!

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』の今週のテーマになっていたロボットですが、

いよいよ、本日11日(土)から13日(月)まで、パシフィコ横浜で、

『ROBO_JAPAN 2008』開催されます。

そこで、一足早く、昨日行われた内覧会に行ってきました。

ROBO1.jpg
独立行政法人産業技術総合研究所のいやしロボット「パロ」
アニマルセラピーの代替として、実際に導入されているとのこと。


ROBO2.jpg

神奈川工科大学のブースでは体操指導ロボット
ロボットの真似をして体操するのですが、間違った動作をすると、ロボットが指導してくれます。
スキーやゴルフのインストラクションなど、将来、色んな分野に適用できそう、

ROBO4.jpg

一番、可愛かったのは、大きさ約2センチで人口知能を搭載したロボット。

このように、迷路の中を自律走行し、出口まで、ヒョコヒョコと小さなステップで、必死で迷走sます。

ロボット同士が闘うROBO ONEもエンターテインメント性満載で、盛り上がってます。

是非、実物をご覧になって、世界をリードする日本のロボット産業の実力に触れてみましょう!


続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/10/11(土) 09:12:46|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

裏 クイズ・ザ・日本人ゼミナール 本日のテーマ は 『ROBO_JAPAN2008』です

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”ロボット”でした。

今週の土曜日から13日まで、パシフィコ横浜では、

『ROBO_JAPAN 2008』という展示会が開催されますが、

日本のお家芸の産業用ロボットやペット型ロボットのみならず、生活のさまざまな場面でロボットは活躍し、日本が世界をリードする分野のひとつです。

新聞のゼミナールでは、教育と福祉の分野について触れたのですが、

将来的には、災害復旧や天災対策など、本当に人間が困った場面や

人間に危険が伴う場面で活躍するロボットが登場することが期待されます。

また、産業用ロボットといっても、工業製品をつくる工場だけでなく、

農業や漁業、林業といった場面で効率よく稼動するロボットが出現すれば、

日本の食料事情や美しい国土を守り、

結果、国益を守るロボットになるでしょう。

人手不足に伴う外国人労働者の受け入れと

単純作業をこなるロボットのすみわけも、将来、大きな問題になるかもしれません。


詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/10/09(木) 13:02:42|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週のテーマは『ロボット』です

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”ロボット”です。

今週末の11日から13日まで、パシフィコ横浜では、

『ROBO_JAPAN 2008』という展示会が開催されます。

日本のロボットは、産業用ロボットのみならず、教育、福祉、警備、エンタメなど幅広い分野に適用され、

世界をリードする存在です。

機械と電子工学、人口知能など様々な領域の粋が結集されたロボットですが、

人間との共存を図るところが日本人の特有の感性がなせるわざでもあります。

クイズでは、こんな問題が出ています。

■ “ロボット”という言葉は、チェコ語のある単語からつくられた造語である。
では、その元となった単語の意味は?

■世界で最も産業用ロボットの稼働台数が多い日本。では2位のアメリカ(カナダやメキシコを含む)
と比べると約何倍?

詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/10/06(月) 21:58:37|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

裏 クイズ・ザ・日本人ゼミナール 本日のテーマ は 『2009年はテニスブーム再来!』です

毎週木曜日にコラムを書かせていただいている

夕刊フジの『クイズ ザ・日本人』ですが、

今週のクイズのテーマは”2009年はテニスブーム再来!”です。

2週連続で祭日のある週があったので、久しぶりのゼミナールになりました。

その間、香港、マカオ、九州と移動したのですが、。

マカオの激変ぶりは、噂以上で、ド肝を抜かれるというのは、まさにこのことでした。

宿泊したヴェネチアンという昨年できたホテルの中には、

1万人以上収容可能なアリーナが併設され、昨年に続き今年もテニスのエキsビジョン・マッチが開催されるようです。

http://202.181.243.125/~venetiantennis2008/en/home.php

マッケンロー、ボルグといった往年の名プレイヤーの親善試合というのもご愛敬でしょうか?

それにしても、ホテルの建家の中にテニスができるアリーナがあるくらい巨大なホテルです。

現在は、シルク・ド・ソレイユが公演中で、リンキン・パークやアグリル・ラヴィーンの

コンサートの告知ポスターも貼ってありました。

コンサートだけでなく、テニスやスポーツのツアーも近い将来、日本をパスして

中国本土とマカオに全部、もって行かれるのではないか?

と想像せずには、いられないのでした・・・


詳しくは、夕刊フジ、『クイズ ザ・日本人』をごらんください!

続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが続けて書くインセンティブ! よろしくお願いします!
  1. 2008/10/02(木) 15:25:16|
  2. クイズ ザ・日本人|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トレンド・マイニング研究会

09 | 2008/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。