築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東宝ひとり勝ちのワケ

木曜日に日経新聞のH氏と打ち合わせをしているときに、9月28日の日経産業新聞を持参され、28面の映画関連の記事について話題にあがりました。

『東宝ひとり舞台 上位独占「ヒットの方程式」』という特集記事で、邦画の2005年上半期の興行収入ベスト10が掲載されている中で、東宝が関与している作品が8作品を占め、その強さの秘訣、背景について解説した興味深い記事でした。

業績が良いことと連動して株価も上昇傾向にあり、他の配給会社、制作会社を寄せ付けない圧倒的な強さを誇示しているようです。

記事の内容を思い切り集約してしまうと、
社外から多数持込まれる企画の善し悪しを冷静に判断できる目利きの力と作品を上映する490スクリーンを有する興行力がヒット作品の上位を独占する源泉になっている
・・・と、いうことのようです。

ここで、その邦画の2005年上半期興行収入ベスト10をみてみると

 1位 交渉人 真下正義
 2位 電車男
※3位 北の零年
 4位 ローレライ
 5位 名探偵コナン 水平線上の陰謀
 6位 戦国自衛隊1549
 7位 東京タワー
 8位 クレヨンしんちゃん
 9位 ゴジラ FINAL ARS
※10位 ワンピース

3位と10位以外は、すべて東宝絡みとなってます。

強さのヒケツを記事では、企業側の視点でとりあげていますが、私は消費者の視点(つまり見たくなる映画っていうこと)で分析しますと・・・

BO=e×t

BO:Box-office(興行収入)
e:easy to understand(わかりやすさ)
t:target(ターゲットの明確化)

と非常にシンプルに考えます。
どの作品も難解な作品はなく、映画名を聞いたときに自分が観に行くのにふさわしい映画かどうかが、直感的に判断できる作品ばかりですよね。
1位の「交渉人 真下正義」は、踊るシリーズのスピンオフ版として高い認知度を持ち、固定ファンが見るだけでも大ヒットするにきまっている作品です。
2位の「電車男」についても、見る前からあらすじがわかっているほど話題性バツグンで、普段アニメ映画しか観ないA-boyや流行モノに敏感な好奇心旺盛なOLまで、幅広い層をとりこめているわけですから、ヒットしない方がおかしい。

「コナン」や「クレヨンしんちゃん」「ゴジラ」などの固定ファンが足を運ぶことが計算できる作品は勿論のこと、オリジナル版の「戦国自衛隊」を昔みて懐かしく思う層、戦争映画に謎の美少女を絡ませることで新鮮味を出した「ローレライ」、F1層に絶大な人気を誇る江國香織ワールドにジャニーズのエッセンスを微妙なさじ加減で味付けした「東京タワー」など、わかりやすい作品で、どんな人が見ればいいのかが、見る側にもはっきりと伝わりやすい作品ばかりですよね。
私自身もアニメ以外は、ほとんど上記の作品を劇場でみましたが、わかりやすい分、見終わったあとに怒涛のような激しい感情が湧いてくるわけでも、劇場を出た後、長~い余韻に浸るような作品は皆無でした。
でも、それが決して悪いわけではなく、時間のムダに感じた映画も1本もなかったわけで、それは「わかりやすさ」のなせるわざだと思います。

邦画に関して言うと、ベタな映画の全盛期が当分、続くでしょうなあ~

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2005/09/30(金) 22:49:56|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今日はちょっと宣伝です | ホーム | ちょっと気になる防災グッズ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/108-ad8e2fc6

トレンド・マイニング研究会

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。