築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マーケティング新潮流・・・その3(2006年1月号より)

日経情報ストラテジーの新年度号から始まった連載企画『10分間で学べる業務革新講座』の1本を私、鶴岡謙吾がマーケティングの新しいトレンドという切り口で、半年間担当させていただいています。

従来型マーケティングが通用しなくなった背景について、3つのポイントについて、今日は3つめについてです。

nis2006Jan.jpg

《日経情報ストラテジー1月号の目次はこちら》
http://store.nikkeibp.co.jp/mokuji2/nis.html

売れない時代に売るためのマーケティング新潮流(第1回)/今、求められているマーケティングとは? 鶴岡謙吾[ネットマイニング・ジャパン] (246p)

(3)ハイテクにも飽きた現在の生活者 
結果系の分析は、勿論それなりの効果はありますがデータマイニングなど駆使して、購買履歴やPOSデータの中から黄金のルールを抽出することを目的に分析を重ねれば重ねるほど、分析結果から導き出される効果が低減していき、いずれは重箱のスミをつつくような分析を行うことになりかねない。
莫大な投資に対する効果として、「どれだけ目に見えて業績が向上したのであろうか? コスト削減がどれだけすすんだのか?」という疑問が多くの企業から聞こえるようになった。

また、IT化が進みハイテクになればなるほど、一部のマニアを除き、アナログへの回帰傾向がみえはじめている。
使いこなせないほどの機能を搭載した家電製品やケータイ電話、多チャンネル化が進み細分化されたテレビ放送、画像処理技術の向上により、リアルで高画質な家庭用ゲームソフトなど、技術の粋を集結した工業製品群は、その機能を使いこなす一部のマニアや目新しいモノ好きで移り気な消費者から支持される一方で、多くの普通のユーザからは自分には必要ないモノとして認識されてしましました。
「高機能はわかったけど、だから何?」って、感じです。

ゲーム業界もパチンコ業界も、マニア向けに高機能化した商品を避け、離れていったユーザをもういちど、呼び戻すことに躍起になっています。

「デジタルとアナログをどのようにミックスした戦略が顧客満足度の最大化につながるのか?」といった新たな課題が浮き彫りになってきたのです。

来週は『原因系の分析』についてお話したいと思います。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2005/11/26(土) 17:17:07|
  2. マーケティング新潮流|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<自分の学生時代を反省! | ホーム | マーケティング新潮流・・・その2(2006年1月号より)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/166-a8f09eaa

トレンド・マイニング研究会

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。