築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子育てとエンタメ離れ

今日は、富裕層インタビューに同行してきました。
都心のタワーマンションの高層階に住まれている方のご自宅までお邪魔して、奥様に対していろいろな側面からインタビューをさせていただきました。

中学時代から映画を観るのがとても好きで、今でも小さいお子さんを連れて一緒に映画を観れるシネコンに行かれるというお話をされてました。
東京だったら、六本木のヴァージンシネマズでは『ママズ クラブ シアタ-』と称して、毎週木曜日に特定の映画を子供と一緒に観ることができる回を設定してますね。

また、品川のプリンスシネマではシネコンに託児所を併設して、子供を預けて映画を楽しめる環境を提供してます。

インタビューをさせていただたい奥様もおっしゃていましたが、劇団四季でも託児サービスを提供していて、ほんのひとときお子さんのことを忘れて観劇に没頭したいという声に対応しています。

富裕層の傾向として、文化やアートに対する関心が高い人が多く、クラッシックのコンサートやオペラ、ミュージカル、バレー、歌舞伎、能などを観劇される回数も一般の人達よりも多い傾向が出ていますが、実際にはこれらほとんどの催しは、未就学児の入場お断りですよね。

芸術に接する場面は、舞台にたっている人達は勿論、聴衆の質も込みでレベルが語られることから、周囲に迷惑をかける可能性が高い子供を連れていかないことがマナーとされていることは周知の事実として、小さい子供がいることで、自分達の楽しみや生活の潤いが失われているとしたら寂しいことです。

富裕層でなくても音楽や映画が好きな人はたくさんいる中で、パパ・ママ・赤ちゃんで映画を観たいと思っても、週末は『ママズ クラブ シアタ-』はやっていませんからね。
自宅のリビングで、まったりと誰に気兼ねすることなく大音量でDVDを楽しむのも悪くないですが、巨大スクリーンで見知らぬ大勢のひとたちと一緒に感動の時間を共有する方が私はすきですね~
終わったあとにみんなはどんなことを話しているのかも、聞けますしね!

たまには、ウィークエンドに『ママズ・パパス クラブ シアタ-』を開催して六本木ヒルズ界隈を赤ちゃんづれの親子で賑せてみては如何でしょうか?

スポンサーサイト
  1. 2005/06/24(金) 18:00:14|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<最高の盛り上がりを見せたSTARWARS EPISODE Ⅲ | ホーム | IT長者 = ジャパニーズBoBos?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/17-1d118334

トレンド・マイニング研究会

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。