築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

超大作がありました

今週末もわかりやすいハリウッド映画を観るために川崎の東宝シネマズに行ってきました。

3時間を超える長編映画『KINGKONG』です。お尻の痛さを気にしなくてもいいようにプレミアスクリーンで鑑賞しましたが、76席のほぼ80%が埋っていました。

《KINGKONGの公式サイトはこちら》
http://www.kk-movie.jp/top.html

客層は、一人で来ている人、カップル、親子連れと幅広く年齢構成も子供から大人まで楽しめる作品でした。

それにしても、ピータージャクソンという人は、とてつもない映画人ですね。『ロード・オブ・ザ・リング3部作』でVFXを駆使したスケール感と画面の奥行きの深さをみせつけてくれましたが、このキングコングでは、さらに磨きがかかり画面から目を離せません。

映画は、髑髏島に行くまで、髑髏島でのパート、ニューヨークでのクライマックスと大きく3部構成になっていますが、やはり圧巻は髑髏島のパートです。
遥か以前、ジュラシックパークを観たときに、「CGの技術もここまで来たか~」と感動したものですが、今回のキングコングのVFX技術は、まったく違和感なく画面を観続けられるということは感動を超えたということかもしれません。いやあ、素晴らしいです。

セットとVFXの組み合わせということはわかっていても、髑髏島のおどろおどろしい不気味さ、ニューヨークの摩天楼の煌きは、コンピュータ技術の進歩を感じずにはいられないです。

3時間という長時間にもかかわらず、飽きずに映像を見続けられた背景に、映像づくりに対する執念とKINGKONGに対する監督の敬意が凝縮されているからなのでしょう。

お正月休み向け映画の本命は『KINGKONG』で決まり!という感じがしました。

KINGKONG.jpg

スペシャルエディションのプログラムが1800円はちょっと高いかな?
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2005/12/17(土) 23:55:04|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<久々の泣ける映画でした | ホーム | LOHASな加湿器が到着>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/187-b3f4dc49

トレンド・マイニング研究会

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。