築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

CDOの時代の到来

4日から仕事はじめの企業もあるようですが、本格的に新年のビジネスが始動するのは明日からのようですね。
築地市場も今日までお休みのようで、新大橋通りも晴海通りも渋滞なしにスムーズに行き来できます。

1月4日の日経新聞夕刊1面に『NIPPONのカタチ』という連載記事が掲載され、本日は「デザインの挑戦1」という内容です。

nikkei200601041.jpg

このブログにも、「これから10年は間違いなくデザインの時代になる!」と何度となく書いていますが、影響力のある日経新聞が、”なぜデザインの時代が来るのか”、その理由と根拠をわかりやすく伝えてくれることは、とてもありがたいです。

今日の記事の中で、名古屋市立大学の川崎和男教授の言葉が記載されていますが、まったくもって納得のいくお話ばかりです。
デザインと企業経営の関連性について理解していない経営者が多いこと。
まあ、日本の家電製品のデザインのセンスのなさについては多くの人が感じているのでしょうが、機能性を追及したからデザインがおろそかになったという言い訳も通用しないほどの製品が多いですよね。

きっと、優秀でやる気があるデザイナーも社内にいるのでしょうが、経営層がデザインに無頓着でセンスがない人達の集まりなら、機能的でデザイン性が高い製品の開発に対して、GOサインを出さないのでしょう。
判断基準がないからコストと機能だけで、GO,NGを決定すれば、デザインチームの人達は、消費者を向かずに社内調整のために当たり障りのない個性の無いデザインにせざるをえないでしょう。

こういった事態を防ぐために、予算と決定権を持ったCDO(チーフ・デザイン・オフィサー)を経営ボードに設置する必要があるでしょう。
肥大化した電気メーカーには無理でしょうから、リストラで大手企業から切り離された会社が、デザインで勝負する戦略を実践してほしいものです。
成熟した消費者がたくさん存在する日本なら、メッセージとストーリーを明確に定義することで、必ず受け入れる層がいるはずです。

いやあ、デザインの話になるとつい熱くなってしまいます。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2006/01/04(水) 22:24:01|
  2. デザインの力|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<まっとうな経営 | ホーム | 流行る企業って>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/205-b7cf117b

トレンド・マイニング研究会

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。