築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ちょっと安堵・・・です

昨年末、大晦日のブログに、
「鶴岡流2005年のヒット商品ランキングのベスト1はインターネット株取引」
と書いたところ、何人かの人に「?」「なんで今年よ?」と問いただされ、私なりに説明したのですが、昨日1月9日(月)の日経新聞朝刊のトップ記事
ケータイ投資家膨らむ ネット5社、株売買昨年6割増14兆円』
と大々的に取り上げられたのをみて、私も溜飲を下げたのでした。
(・・・っていうか、安堵)

《12月31日のブログはこちら》
http://netmining.blog12.fc2.com/blog-date-20051231.html

なんといっても、ネット専業証券大手五社に対する取引数は12月に売買代金で約1兆5000億円に達し、一年前のなんと2倍強に膨らんだということですから、東証のシステム部門の皆さんにとっては”想定の範囲外”の出来事だったのでは?

記事によると・・・
「昨年、個人投資家の売買代金(東京、大阪、名古屋三市場)は二百四十兆円程度。このうち百七十兆―百八十兆円がパソコンや携帯電話を使ったネット経由の取引で、電話を含め人が取り次ぐ対面注文は六十兆―七十兆円。ケータイによる取引は対面取引の約二割の規模にまで膨らんでいる。」[日経新聞より抜粋]

この勢いは今年以降、さらに加速することは疑う余地がありません。
バブル景気のときは、インターネットで投資先のデータを入手することも、ましてや売買をネットで行うことなど、到底考えられませんでした。
しかし、現在の個人投資家は、株の売買の判断を自ら入手した情報をもとに瞬時に行うことが可能になりました。

また、銀行や郵貯に偏っていた普通預金も、今後は資産運用に対する意識の変革とともに、株や投信に対する比重が大きくなってくることでしょう。

そういう意味を含め、エポックメイキングな年として、2005年のインターネット株取引は、後世に語り告がれることでしょう。
・・・というのが、私がベスト1に挙げた理由でした!

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2006/01/10(火) 18:14:30|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<オタク市場で勝ち残る企業とは? | ホーム | BSらしい番組です・・・『モダン・デザイン・ミュージアム』>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/211-3ba63430

トレンド・マイニング研究会

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。