築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大学生の就職希望企業ランキングからみえること・・・その1

かれこれ、1週間前のことになってしまいますが、日経新聞の恒例の調査『就職希望企業調査』の結果が発表されました。
文系・理系あわせた総合ランキングの上位企業の顔ぶれはというと・・・
(1)サントリー
(2)全日空(ANA)
(3)トヨタ自動車
(4)資生堂
(5)JTB
(6)松下電器産業
(7)三菱東京UFJ銀行
(8)JAL(日本航空)
(9)みずほフィナンシャルグループ
(10)東京海上日動火災保険

う~ん、これって20年前と比較しても、あんまり変わんないんじゃないの?
と思い、昔のデータが掲載されているサイトをネットで検索すると・・・
ありました、便利なサイトが!
なんと1984年から2006年までの就職希望ランキングの一覧
http://www.hr-plaza.com/database/ranking/2006/rank01.html

そして、トップ20の顔ぶれの変遷も
http://www.hr-plaza.com/database/ranking/top20.html

20年前、1986年のランキングはというと・・・

(1)日本電信電話(NTT)
(2)日本電気
(3)松下電器産業
(4)三井物産
(5)東京海上火災保険
(6)三菱商事
(7)ソニー
(8)日本生命保険
(9)日本アイ・ビー・エム 
(10)住友銀行
    電通

こうして、みると3位の松下電器と5位の東京海上以外は、ランキング上位10傑には、入っていないんですね。
20年前は、通信1社、メーカー4社、商社2社、金融・保険系3社、広告代理店1社という構成で、今年のメーカー4社、金融・保険系3社、運輸2社、旅行代理店1社と比較すると、企業の顔ぶれはかわっても、希望業種は、そんなに大きくかわっていないことがわかります。
しかし、航空キャリアについては、これだけいろんな問題が噴出している中、なぜ学生に人気が高いのか?その要因は何かを聞いてみたいところです。

ウチの会社にインターンシップで来ている大学生の4年生達はみんな、去年の早い時期にそれぞれが一流企業に就職が内定していたので、景気のよさと人手不足を背景に、今年から数年は売り手市場に形勢が逆転するのでしょうね。

バブル全盛期の89年、90年のランキングをみると、メーカーはソニー1社だけで金融系と商社がずらっと並んでいるので、景気がよくなると給料のいい会社に学生の気持ちが傾くところも、わかりやすいなあ~とつくづく感じてしまうのでした。

日経の調査結果によると、志望理由の第1位は「仕事がおもしろそう」ということのようですが、売り手市場になると「給料がよさそう」が隠れ1位になることは間違いなさそうです。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2006/02/15(水) 19:58:03|
  2. 若者マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<大学生の就職希望企業ランキングからみえること・・・その2 | ホーム | 名古屋のお土産って?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/247-35b5a2cd

トレンド・マイニング研究会

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。