FC2ブログ

築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

やはり認知度低かったBOBOS

昨日、講演した『新・富裕層マーケティング』の中で、LOHASな富裕層について触れたのですが、ひとつの象徴としてBOBOS(ボボズ)を紹介しました。

米国の新上流階級層を示すマーケティング用語で、
BOBOSとは「Bourgeois」と「Bohemians」を足して、頭文字をとった造語ということです。

「ブルジョアなのにありながらボヘミアンのような自由で自分らしいライフスタイルを志向する層」がBOBOSと言われているらしいのです。
私も仕事上、この言葉をはじめて聞いたのが、今から3~4年前で和訳された書籍も出ていたので買ったのですが、残念ながら日本では言葉も概念もあまり浸透しませんでした。

bobos_s.jpg
(2002年に発売された初版本)

したがって、今回の富裕層セミナーで、書籍と概念を紹介したのですが、やはり認知度が低いようで、受講者のみなさんには伝わりづらかったようですね。

ビルゲイツや映画監督のスピルバーグなどがBOBOSの象徴のように本の帯には紹介されており、お金持ちなんだけど、服や外見にお金をたくさん使う嗜好がなく、どちらかというと反体制的な雰囲気を漂わせている常識や固定観念に縛られない自由人というイメージでしょうか?

レオナルド・ディカプリオやキャメロン・ディアスのような環境保護問題に関心が高いセレブはというと、BOBOSという括りとは、ちょっとニュアンスが違うような気がする・・・
日本人でも坂本龍一氏や小林武史氏が”LOHASな富裕層”というイメージだが、BOBOSという野暮ったい感じではない。

そう思うと、「LOHASな富裕層」を示す新しいマーケティング用語が出現しても、おかしくないと感じる今日この頃です。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2006/02/24(金) 13:49:31|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<青山に住む富裕層 | ホーム | 富裕層セミナーは本日も盛況なり>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/256-2d3ba912

トレンド・マイニング研究会

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search