築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

富裕層のつながり・・・1

先週も『富裕層マーケティング』のプロジェクトの一環で、富裕層の方へのインタビューに立ち会ってきました。

このとき、話題にあがったテーマとして、
●富裕層を対象にしたビジネスを継続的に展開していくために企業側が何をなすべきか?ということがありましたので、富裕層マーケティングを展開していく上でのポイントについて、少し考えてみたいと思います。

当然のこととして、以下のようなことが挙げられます。
・高品質の商品・サービスを提供する
・競合する商品・サービスとの明確な差異化を提示する
・その商品を所有する、サービスを享受することで得られる満足感、優越感を提供する
・ブランド価値が低下しないよう、ブランド管理を徹底する
・ひとりひとりのお客様の趣味嗜好・価値観を熟知した上で、それにそったオファーを最適なタイミングで行なう

他にもいろいろあると思いますが、要するに
 ◆妥協しない真摯な姿勢
 ◆揺るぎない信頼と実績
 ◆顧客との信頼関係の醸成
とでも整理できそうです。

これらはひとりの顧客が企業と向き合ったときの1:1の関係で、企業が果たすべき責務と言えるでしょう。

一方、生活者の立場からみたときに、企業との関係(つながり)を【縦糸】と考えると、同じ価値観や趣味を共有できるひとたちとのつながりである【横糸】が存在します。

オートバイのハーレーダビッドソン愛好者が集うハーレークラブや高級腕時計ハリーウィンストンの愛好家のサークルなど、同じ趣味、嗜好、価値観を共有できる仲間と繋がっていたいという欲求などは、マニア度が高ければ高いほど、連帯感が強そうです。
ベンツクラブとかロレックスクラブって言われても、あまり魅力的な響きはありませんよね。

一般的には、この【横糸】のつながりは、初期段階では少数の生活者同士が自発的、自然発生的に生れ、時間の経過とともに複数の人を巻き込んでコミュニティを形成していくスタイルが多いようです。
このような過程に企業があからさまに介在することは生活者の立場からすると、違和感を覚えるために企業側は慎重な態度で臨むことが必要です。

しかし、富裕層といえども【横糸】のつながりに対する潜在需要は大きく、企業側として背中を押してあげることができるのではないでしょうか?

・・・と、話が長くなったので、続きは今週のどこかで書きたいと思います。
それでは!

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2005/07/04(月) 22:08:25|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<センスの良さは企業トップの責任 | ホーム | 清々しいオバカ映画『逆境ナイン』>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/27-cd74d91b

トレンド・マイニング研究会

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。