築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

就職戦線”再び”異常なし

私の会社では、毎年10人以上のインターンシップの大学生、大学院生を受け入れていますが、3月になると4年生、M2の学生さんは、学校とともに、インターンも卒業していきます。
と、同時に現2年生、1年生の学生さんがあたらしい仲間としてジョインしてくれるシステムになっています。
基本的に長期にわたって、マーケティングやデータ分析に親しんでもらうことを主眼においているので、大手企業が短期で行う青田買いとしてのインターンシップではありません。

今日もひとり、ICUの優秀な学生のH君が巣立っていきました。
ありがたいことにウチの会社にインターンで来てくれる学生の大半は頭がいい上、コミュニケーションスキルが高い優秀な人が多いので、一流企業に就職します。

しかし、2年前までは、どんなに一流大学であろうが、修士であろうが、なかなか本人が希望する企業に就職することは、儘ならない状況でした。超氷河期なんてコトバも一般名詞化しましたよね~ そんな厳しい時期を経て、去年から大きく風向きが変わりましたね。

団塊世代の大量リタイアを控えた労働力不足、景気回復をうけての雇用調整の終焉などなど、買い手市場から一気に売り手市場へと激変しました。

そうなると、学生の側も大企業志向が強くなり、その傾向を批判的にとらえるマスコミがいますが、それは自然の成り行きですよ。
よっぽど自分に自信がなければ、あえて中小企業やベンチャーに行く必然性もありませんし、学生時代に起業している学生なんて全体からみれば、特殊中の特殊ですからね。

学生だって、大企業に入っても終身雇用が保障されているわけではないことを知っているし、長期的安定を求める人よりも、短期的にどれだけのメリットがあるのかを計算しているわけですから、昔の学生の大企業志向とは、質が違うのではないでしょうか?
現に、苦労して一流企業に入っても、簡単に辞めてしまったり、キャリア・アップではなく、現状から逃避するためにキャリア・スライドする人達が多いわけですから。

いずれにしても、長期的な好景気の入り口にたった2006年の就活は、再び『就職戦線異常なし』です。
どんなときも♪ どんなときも♪

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2006/03/14(火) 23:50:17|
  2. 若者マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<待ち時間のヒマつぶし | ホーム | 「行きたい商店街」はつくれない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/274-144938a6

トレンド・マイニング研究会

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。