FC2ブログ

築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

「働きやすい企業って」・・・その3

新卒の大学生の約3割が入社3年以内に退職するという調査結果を見て、「最近の若いモンは辛抱が足りんの~」と嘆くか、「時代はかわったな」と冷静に受け止めるか、人それぞれだと思いますが、終身雇用の崩壊や大企業に属することのリスクなど、働く環境が大きく変化したことの影響は間違いなく関係しているようですね。

一方、リンクアントモチベーションやワイキューブなどの新興ベンチャーが大学生の就職人気企業ランキングに大企業と伍して名を連ねるなど、ベンチャー企業が新卒の就職先の選択肢に入ってくるなど、学生の就職観には大きな変化を感じます。

たまたま、2つのベンチャーの名前を挙げましたが、両社に共通して言えることは、ブランディングの巧みさがあると思います。(勿論、ビジネスモデルがしっかりしているとか、実力があるとかは大前提としてあっての話しですけど)

『他にはない卓越した技術力がある』、『本当にやりがいのある仕事だ』、『実力さえあれば若くても出世できるチャンスがある』など企業にとってのアピールポイントが確立していても、それを部外者が知るチャンスがなければ、また、魅力的に伝えることができなければ、他人は評価してくれませんから、中小企業やベンチャーこそブランディングが大切です。

『人は見た目が9割』が大ベストセラーになりましたが、基本的に企業も同じです。本当の姿は、その企業に入社しなければわからないし、その部署に所属しなければ見えない、その仕事に携わらなければ魅力もやりがいも理解できないわけです。
だからこそ、伝えようとする努力がブランディングであり、マーケティングであるわけです。

”どうデザインすれば「働きやすい企業」らしく見えるか?” 

そのために働きやすいオフィス環境や格好よく見えるオフィスレイアウトにする、働いている人自体がセンスよくみえるか、楽しく働いているように見せるかというコンサルティングが求められていて、この領域はまだまだ伸びる可能性に満ちています。
特に景気がよくなり、学生の大企業志向が強くなればなるほど、中小企業やベンチャーからのニーズは拡大しますので、成り行き注目です。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト



  1. 2006/05/09(火) 10:52:53|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<男が美に執着するときって | ホーム | いきつけの店はまったくない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/330-f8e5d6c0

トレンド・マイニング研究会

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search