築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ファストフードの行方

昨日は、テレビでも18日の『吉野家牛丼復活!』が随分とりあげられていましたね。

バブル崩壊後の日本では、デフレスパイラルのきっかけを作った張本人みたいにファストフードチェーンが言われていましたが、確かに外国に行って、マクドナルドで食事すると、ずいぶん高くて驚くことがありますもんね。
そういえば、子供の頃はハンバーガーを思いっきり満腹になるくらい食べたいなあ~と思っていたものですが、今となっては1000円あったら、本当にお腹がはちきれんばかりに食べることができますね。

外国でマクドナルドの値段が高い国に行って思うのは、その国ではマクドナルドで食事することがカッコイイことになっているんだろうなあ~ということです。
昔昔、日本でもマクドナルドで食事することがちょっとカッコイイという部分があったから、値段が高くてもお店にはたくさんの人がいたわけです。
それは、ドドールコーヒーの方が本当は美味しいにもかかわらず?、スターバックスやタリーズに行きたい人が多いことからも明らかでしょう。

シンプルに言い切ってしまうと、「ファストフードは低価格、スローフードは高価格」という状況が今の日本の外食産業の姿でしょう。
ファミレスがスローフードやLOHASを意識した戦略をとらざるを得ないことも、この現象の一端を示していると思われます。
ファストフードでも高価格を維持しつつ且つ人気を保つ旬の期間が短いのは、ホブソンズやシナボンの例をみれば明らかです。

六本木ヒルズにある某アイスクリーム屋さんも一年後には、行列はないでしょうからね~

ファストフードだけど高価格、しかも一過性のブームで終わらない、そんな外食って、これから来るバブル時代に登場するかも?

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
スポンサーサイト
  1. 2006/09/19(火) 09:12:10|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<賑わう隠れ家 | ホーム | 品川の吉野家は静かな盛り上がり>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/465-34fdcc5a

トレンド・マイニング研究会

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。