築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「外食産業の時代」って?

今日は日経新聞の本社に行く予定があったのですが、少し早く着いたので、となりのJAのビルの地下でコーヒーを飲み、同じく地下の本屋さんで何か面白い本がないかと物色していたら、さすがJAのビルだけあって、普通の本屋さんではみかけない書籍や統計本がたくさんあって、興味をそそられました。

結局、2冊買ったのですが、そのうちの1冊が農林統計協会が発行元になっている『外食産業の時代』という書籍です。
外食産業を取り巻く環境は厳しい昨今ですから、『外食産業の時代』なんてタイトルがついているのを察するとバブルまっさかりの15年以上前に出版された本なのではないか?と単純にタイトルと現状のミスマッチに思わず手が伸びたのでした。

そして、書籍の後をみると、2005年7月1日発行とされていて、去年の本だということがわかり、なおさら興味を持ちました。
去年の時点で、『外食産業の時代』というタイトルをつけるからには、何かしらのひねりが存在する筈で、そのひねりの中身を知りたいと思い、本文をパラパラとめくることに・・・

この本、茂木伸太郎さんという信州大学大学院の先生が書かれている内容なのですが、わかりやすい言葉で外食産業の歴史や現在の諸事情、課題等について明瞭に書かれており、思わず買わずにはいられなくなりました。

そして、書籍の冒頭にある記載で、外食産業というコトバが初めて国語辞典に掲載されたのは、1989年ということを知り、そんなに新しいコトバということをはじめて認識し、小さな衝撃を受けました。
・・・ということは、今では当たり前に使っている外食産業というコトバが1980年代前半やそれ以前には無かった(もしくは世間的に認知されていない業界用語だった)ということでしょうか?

冒頭から、この本の世界に引き込まれた私は益々この本の世界に引き込まれてゆくのでした。
LOHASマーケティングの支援をし、消費者の意識調査と照らし合わせたり、いろんな方のインタビュー結果を振り返る中で、私が普段感じている感覚と、この本に書かれている内容やメッセージに共感する部分がとても多いのです。

続きは明日・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
スポンサーサイト
  1. 2006/10/25(水) 20:28:42|
  2. LOHASマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<スローフードに対する偏見 | ホーム | MNPで変わる人変わらない人>>

コメント

外食産業の時代って?

こんにちは。LAビジネスウォッチャーズのTacです。

「外食産業の時代」とは面白そうな本ですね。私は恥ずかしながら「外食産業」という言葉が国語辞典に掲載されているのに気づきませんでした。改めて、調べると確かに存在し、なるほどと納得しました。

続きが気になりますね。

応援クリックしておきますね。
  1. 2006/10/26(木) 01:58:08 |
  2. URL |
  3. LAビジネスウォッチャーズ #Xlf61/xI
  4. [ 編集]

そうなんです

コメントありがとうございます!
「外食産業」って何気なく使っているコトバですが、外食・中食・内食なんて言い出したのは、思えば比較的最近のような気もしますよね~
  1. 2006/10/26(木) 15:25:47 |
  2. URL |
  3. 築地発! #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/501-bc249afc

トレンド・マイニング研究会

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。