築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

定番ビールの強さ・・・その5

本当にまとめにはいります。

「定番ビールはなぜ強いか?」

発泡酒や第3のビールと比較すると、「本当のビール」には各ビール会社のロングセラー商品があります。キリンはラガーや一番絞り、アサヒはスーパードライ、サッポロはエビスというように・・・
所謂フラッグシップとして、会社の顔となる主力商品中の主力。舞台に例えるなら主役です。
主力商品なので、ブランドイメージの良し悪しが業績に大きな影響を与えます。
だからこそ、シェアが落ちないよう大量に広告を投下します。
さらに、ビール会社の数が少ないので、企業名と製品名の結びつきが強い。
「あれっ、スーパードライって、どの会社のビールだっけ?」なんてことにはなりません。
お店の人に「どこのビールがありますか?」って聞いたときに「キリンとアサヒです」っていわれたら、「じゃあ、一番絞り!」って注文できるわけです。

また、ビールが清涼飲料水やお菓子と圧倒的に違うポジションに存在するのは、人と人をつなぐ場面と強烈に結びついている商品ということです。
もっともわかり易いのは飲み会などのコミュニケーションの場面です。
以前、書いたように自分とは異なる誰かのイメージと強く結びついているのが、酒類の特徴です。
ウチのオヤジが毎晩飲んでる○○ビール、かっこいいAさんが飲んでいた××ビールという印象が強く、心の片隅に刷り込まれています。

あらためて整理します。
ビールの味は、味そのものよりも、狭く・強く・長く形成されたイメージに支配されて記憶されるのです。

だからこそ、いちど自分の中で定番化したビールは強く、ちょっと浮気しても結局戻ってくることになるのです。

ちなみに私の定番ビールは、スーパードライです。
キレがあるのにコクがある!
この強烈なコピーとアサヒビールの復活ストーリーが強力に結びつき、私の中の定番として、しっかりとポジショニングされているのです!

おしまい・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!
スポンサーサイト
  1. 2007/02/01(木) 19:28:44|
  2. 流行モノのマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<本日も盛況なり | ホーム | 定番ビールの強さ・・・その4>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/592-be33f0a5

トレンド・マイニング研究会

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。