築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

LOHASな人の特徴・・・その2

日経朝刊に連載中の『ECOnomy新景』は、面白いですね。
「環境(エコロジー)」と「経済(エコノミー)」の両立を目指す最前線を追うという切り口で、17日で5回目を迎える今日のテーマは”社員教育 水田で汗、自然を肌で知る”です。

この記事の中に印象的な言葉があります。
「環境を大切にと言われてもピンと来ないが、この活動はわかりやすい」
霞ヶ浦の浄化を目指すNPO法人とNECが挙動で、荒地を耕し、無農薬で稲作を行うことで、環境問題を身近なテーマとして社員に感じてもらう機会として、推進している事例に関する記事からの引用です。

『環境問題』は、誰もが重要なテーマと認識しているのに、大上段に構えるとどうも身近な問題として、考えにくい。そういう声をよく聞きます。
私自身もそれに近い感覚があります。

ソトコトさんと共同で実施中の『ソトコト読者のライフスタイル調査 & 企業のLOHASランキング』に寄せられた回答をみたとき、エコに関する関心は、当然の如く相当高いです。
sotokoto_Sep.jpg


Q)あなたの意識や実際の取り組みとして該当するものがあれば、いくつでも選択して下さい


・【自然エネルギー利用や地産地消がもっと推進されるべきだ】
・【有機農産物や日本古来からの食材はもっと広く食べられるべきだ】
これらの選択肢をYESとした人は、双方ともに80%以上で、
・【環境保護や地球温暖化防止のために取り組んでいることがある】
に対する回答も60%以上に達しています。

これは、「ソトコト読者=LOHAS層だから意識が高い」
ということだけではなく、たいていの日本人は現在のエネルギー事情や食に関する状況に対して、『なんとかしなくては!』という認識でいることをあらわしていると思います。

多忙なビジネスパーソンにこそ、身近なことから始めるLOHASのちょっとしたきっかけがあるといいなあ~
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2005/08/17(水) 19:53:13|
  2. LOHASマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<最後は直球で締めましたね! | ホーム | 男が消費に燃えるとき>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/73-9d95b7ff

トレンド・マイニング研究会

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。