築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東京人はアートと無縁?

本日(12月20日)の日経新聞 東京・首都圏経済面に気になるこんな記事が・・・

『美術館への訪問頻度 東京は最も少なく』 森ビル調査 NYなどと比較

記事によると、森ビルが発表した「国際都市アート意識調査」の結果によると、東京・ニューヨーク・ロンドン・パリ・上海の5つの国際都市在住者の美術館への年間平均来訪回数は、東京が最も低かったということです。

《プレスリリースはこちら》
http://www.mori.co.jp/companyInfo/press/2007/1219_2007121910024106885.html

この調査では、最も頻度が高いロンドンが3.9回に対して、東京は1.9回という結果に。
面白いのは、「何を求めて美術館に行くか?」という質問に対する回答です。
パリでは83%の人が「教養」と回答しているのに対し、東京は50%です。
東京で最も多い回答が「気分転換」で、64%(全体平均は49%)

しかし、よ~く考えてみると・・・
平日は開館時間が短く、週末には長蛇の列ができ、館内に入っても絵や彫刻を見にきたのか、人の頭を見にきたのか? わかんないような東京の美術館事情を冷静にとらえると、本当に気分転換になっているのでしょうか?

六本木ヒルズの森美術館のように平日でも22時まで開館していて、仕事の後、食事の後でも、ゆっくりと見ることができる美術館がもっと増えることを期待しますが、民間の美術館でなければ、日本では難しいようです。

そうなると、上海や北京のようにアートコンプレックスが増えて、美術館まで行かなくても身近にアートに触れる場ができることを期待した方がいいのかもしれませんね。
貴重な週末を美術館に入るために2時間も行列をつくって並びたくないですからね・・・


続きはボチボチと・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ! よろしくお願いします!

スポンサーサイト
  1. 2007/12/20(木) 20:04:54|
  2. 街のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今度のゴルフブームは? | ホーム | ミシュランガイド東京が買える場所!・・・3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/764-d79c10fe

トレンド・マイニング研究会

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。