築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

名門校もブランド戦略を加速

8月31日のYahoo! ニュースに、かなり思考がぶっとぶきっかけになった興味深いニュース記事をみつけました。
ブランド競争過熱 来春開校、同立校に 京の私立小も“対抗”』というどこが主語で、どこが述語がわからないニュースの見出しとして、これでいいのか?と思うタイトルですが、それはどうでもいいとして・・・

いわずとしれた京都の名門、同志社と立命館がともに来年春に小学校を新設するにあたり、相当気合の入ったブランド戦略をとっているようです。
なにやら、同志社の小学校の給食は、宝ヶ池プリンスホテルと提携し供給を受けるとのこと。また同ホテルとはテーブルマナー学習などでも協力したいという、我が子を名門同志社に入れたいとお考えの親御さんに、とってもうけそうなお話です。

あわせて、鞄は京都で、いや全国的にも有名な『一澤帆布』が制作する布製ランドセルになるということです。たしかに『一澤帆布』のホームページにも、そのようなことが記載されていて、こじゃれたブランド好きのお父さん、お母さんが喜ぶことうけあいです。

一方、ライバル立命館の小学校はというと、給食を大津プリンスホテルに委託するようです。同志社の宝ヶ池プリンスホテルに対抗したのかどうかわかりませんが、ライバル意識剥き出しで、好感が持てますね!

さらに、「高級感を演出する独自デザインの制服を用意する」とのこと。また、「スルッとKANSAI協議会」などと連携して独自開発したICカードを使う全国初の登下校管理システムを導入。IC児童証を全児童に配り、校門や交通機関の改札を出入りする情報を即時電子メールで保護者に伝える。
という防犯、安全面でも父兄に訴求する戦略のようです。

同志社、立命館という名門校がこのようにブランディングに力を入れることで、既存の私学も黙って指をくわえて見ているはずもなく、仁義亡きブランド戦争が繰り広げられる様相を呈しています。

このような動きは、きっと東京にも飛び火し、いずれ泥沼のような私学のM&AやMBOが繰り広げられ、その内情が企業小説として纏められ、ベストセラーになる日がくるのではないか? 
そんな妄想を頭の中で描いてしまったYahoo! ニュースでした。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2005/09/03(土) 21:22:26|
  2. 富裕層マーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<いまさら、何故? | ホーム | 富裕層マーケティングセミナーは盛況です>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://netmining.blog12.fc2.com/tb.php/91-bd00bb3f

トレンド・マイニング研究会

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。