FC2ブログ

築地発! トレンド・マイニング日記。

築地市場の隣から、活きのいいマーケティング・ネタをお届けします!!

謎のノベルティつきDEATHNOTE後編

DEATH NOTE(前編)を観て、予想以上に面白かったので、後編の前売り券をその場で買ってしまいました。

そうしたら、ノベルティになぜか、こんなモノが付いてました。

dnote.jpg

トートバッグ・・・

後編のストーリーに大きな関係があるのか?
なかったら、オイオイって感じですが・・・

映画の方は藤原くんも、さることながら、松山ケンイチが素晴らしかった!
サイトもよく出来てます!
《DEATH NOTEの公式サイトはこちら》
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/

早く後編が観たいですね~

ついでに、GOAL2も早く観たいんですが・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/30(日) 21:33:33|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

映画は沈没せず、日本沈没

夏休みにはいって、最初の週末となる土曜日に川崎の東宝シネマズに『日本沈没』を観にいってきました。

普段は、余裕をもって観る事ができるDICEの中にあるシネコンも、さすがに夏休みということもあり、小さい子どもたちも普段の週末の数倍多かった。みんなポケモンとカーズ観にいくんだな、きっと・・・

20060729203354.jpg

正直言って、『日本沈没』は、そんなに混んでいないだろうと思い、上映間際に行ったのですが、予想に反して結構なお客さんの入りのようで、真ん中の観易いブロックは全席完売、端っこのブロックも9割が埋っていました。

客層も高校生くらいからお爺さん、お婆さんまで、相当幅広い構成で、これも予想外の感がありました。
「そんなに前評判たかかったかなあ~、この映画って?」あらためて思ったのです・・・

前作の映画をTVで観たのか、ビデオで観たのか覚えていないのですが、「あれ、日本を救う方法って、こんなだっけ?」と思ったのは私だけでしょうか?

気になるので、前作をもう一回観て見たいですね~
すっごく、気になる・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/29(土) 20:49:29|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

意外なスマッシュヒット・・・着信アリ

3連休の真ん中の日曜日の夜、川崎の東宝シネマズで『着信アリ Final』を観て来ました。

公開して結構経っているし、『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『M:i:Ⅲ』など話題の作品目白押しなので、今さら『着信アリ』観る人なんて、ほとんどいないだろうと思い、スクリーン4に入ると・・・

chakusin_s.jpg
(掘北真希のガンとばしが怖いプログラム)

予想に反して、150席の小さなハコではありますが、真ん中のブロックは9割程度埋っていました。
客層も中学生から年配の人まで結構幅広いです。
日本のホラー映画は、ほぼ見逃すことなく鑑賞していますが、ケータイを主体にした目のつけどころは、さすが秋元大先生ですね~

映画の方は、前の2部作のおぞましさと比較すると、やや控えめな演出で、身構えながらスクリーンを上目遣いで観るという感じではなかったですね。亡霊の怖さよりも人間の怖さと弱さの方を伝えたかったのかもしれません。
シリーズ物を同一監督で続けることは、いろいろむずかしい問題があるとは思いますが、まったく別モノの映画になってしまうことが多々あり、映画ファンの立場としては、世界観を踏襲して欲しいと思うところです。
『着信アリ リターンズ』があるんだったら、再び三池崇史監督の映像も観て見たい気がします!

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!


  1. 2006/07/16(日) 22:01:29|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

毎度恒例の・・・

平成の国民的娯楽映画といえば、誰がなんといっても「釣りバカ日誌」と私は思っています!
それは「この映画を私が好きだから」なんですけど・・・

一般的な映画の鑑賞価格1800円を価格破格して1000円で興行しているところに映画会社の心意気を感じます!

毎年、前売り券を買って必ず観るようにしています。
そして、1000円という価格にもかかわらず前売り券を買うと、毎年ノベルティをつけるとこるもエライ!

turi1s.jpg
今年のノベルティは扇子です。2種類からひとつ選びます。

turi2s.jpg


turi3s.jpg
ちなみに3年前の釣りバカ日誌14も扇子

3年経って、扇子も素材が紙からナイロンに変更されてブラッシュアップ?してます。

LOHASの普及もあって、扇子やてぬぐいの需要が、結構伸びているようで、いいことですね~

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!
  1. 2006/07/01(土) 15:59:44|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

M:i:Ⅲ

1ヵ月以上、映画を観にいくことができず、W杯の日本チームの不甲斐なさもあって悶々とした日々が続いていたのですが、久しぶりに今日は映画館に足を運びました。

川崎の東宝シネマズにトムクーズ主演の『M:i:Ⅲ』の先々行上映に行ってきました。
12:15分の回で、スクリーン5という542席ある、かなり大きなハコですが、全体の3割~4割り程度のお客さんの入りという感じでした。

mi32s.jpg

川崎の東宝シネマズの場合、かなりの超大作、話題作であっても満席ということは、あまりないのが、いいところなので、『M:i:Ⅲ』の先々行上映でこれだけ入っていれば、いい方じゃないでしょうか。
男女比は6:4、年齢層は若い人から結構年配の人まで、以外に幅広くトムクルーズ人気なのか、作品のオールド・ファン(スパイ大作戦世代か?)なのか、杖をついたお爺さんまで観客に含まれていました。

映画の方は、派手なアクションは相変わらずですが、監督が毎回違うせいで、異なる印象が残るシリーズになっているのは、面白いですね。
そういう映画って、他にもよくありますけど。

リシーズ3作目の今回は、主人公イーサン・ハントというスパイのプライベートな部分を描き、ストーリーの中でも、かなり重要な意味合いを持つことになっています。

ストーリーの終盤、舞台は上海に移り、猛烈な勢いで近代化が進む表の風景と昔ながらの風景とそこに生活する庶民の生活という裏の部分が、それぞれ魅力的に映し出されていて、これから外国映画に上海の街が、どんどん登場しそうな気配がしてきます。

続編があるのかないのか知りませんが、アクション・スターとしてのトムクルーズが最も輝いて見える、このシリーズを見続けていたいと多くの人が思っているのでしょうね。

俳優としてだけでなく、プロデューサーとしても多くの作品に関わってきたトムクルーズですが、彼プロデュースした作品の中で、イチバン好きなのは、ヘイデン・クリステンセン主演の『ニュースの天才』ですけどね・・・
自分が出演しない作品で、プロデューサーとしての力量を見せつけて欲しいところです!

mi31s.jpg
ノベルティの時計が当たりました?!

mi33s.jpg
発券した座席表についている番号の下1桁が’3’だった人にはプレゼントしていると言われましたが、全員もらってたりして・・・

人気blogランキングへ ← みなさんのワンクリックが毎日書くインセンティブ!

  1. 2006/06/24(土) 22:06:03|
  2. 映画のマーケティング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

トレンド・マイニング研究会

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のカキコミ

お薦めブログへのリンク

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

カテゴリー

Search